フリーランスのマーケティング

ネット時代のAISAS・AIDMAの法則|お客様が商品を買うまでの流れとは

タイラミオ
タイラミオ
私たち個人起業家・フリーランスが知っておきたいマーケティング知識をわかりやすく解説!

インターネットが普及したことで、近年では多くの人がインターネットを使って、商品を調べたり、購入をするようになりました。

今回の記事では、お客様が商品を買うまでの流れがわかるAISAS・AIDMAの法則についてご紹介します。

お客様が商品を買うまでの流れを理解しよう

個人起業家・フリーランスにとって、SNS・ブログ・ホームページ・ランディングページなどインターネット上のツールを使った集客や宣伝は、コスパも良く、効果的だと言われています。

ただその一方でただSNSやブログで発信すればいいかというと、そんな単純なわけではありません。

ネット時代にSNS・ブログ・ホームページなどを上手く使って集客を目指すなら、まずはお客様が商品を買うまでの流れ・心理状態の変化などをしっかり理解するのが大切です。

AIDMA(アイドマ)の法則とは

まずは、一般的な消費行動(お客様が商品を知ってから購入するまで)の流れとされるAIDMA(アイドマ)の法則から見ていきましょう。

Attention(認知) テレビCM・広告・ウェブサイトなどで注意を引く、知ってもらう
Interest(関心) 顧客に商品やサービスを訴求する、関心を引く
(例:テレビCMで見た商品を広告でも見かける)
Desire(欲求) 顧客に商品やサービスを欲しいと思ってもらう
Memory(記憶) 商品・サービスのことを思い出す、思い浮かべる
(例:店頭の商品を見て、CMや広告を思い出す)
Action(行動) 商品やサービスを購入してもらう

AISAS(アイサス)の法則とは

一方で、近年のインターネットの普及を反映して作られたのがAISAS(アイサス)です。

Attention(認知) テレビCM・広告・ウェブサイトなどで注意を引く、知ってもらう
Interest(関心) 顧客に商品やサービスを訴求する、関心を引く
Search(検索) 顧客がインターネット検索で商品・サービスについて調べる
Action(行動) 顧客が商品・サービスを購入する
Share(共有) 顧客が商品・サービスの評価をネット上で共有する

Dual AISAS Model ™|新しい消費行動モデル

従来のAISASから、さらに新たに考えられた消費行動モデルがDual AISAS(デュアルアイサス)です。

タテのAISASが「買いたい軸」とすると、ヨコのAISASは「広めたい軸」を表します。

ヨコの「広めたいA+ISAS」では、有益な情報や、悩みを解決するコンテンツを用意したり、思わず周りに教えたくなるような情報やノウハウを発信し続け、「広めたい」「シェアしたい」と思ってくれる人を増やして行きます。

ヨコのA+ISASで広めて(拡散して)いくことで、タテのAISISに結びつけ、結果的に「買いたい」人を増やしていく流れです。

Activate(起動・活性化) 「広めたい」だけでなく「買いたい」へ転換
Interest(興味・関心) ブランドの情報に興味・関心を持ってもらう
Share(共有・発信) SNS・ブログなどで気持ちを添えて共有してもらう
Accept(受容・共鳴) シェアした情報を第三者が受け取って同感・共鳴する
Spread(拡散) 第三者が発信者となり周囲に拡散する

まとめ

以上、今回はお客様が商品を買うまでの流れがわかるAISAS・AIDMAの法則についてご紹介しました。

  1. お客様が商品を買うまでの流れを理解しよう
  2. AIDMAの法則とは|一般的な消費行動の流れ
  3. AISASの法則とは|ネットの普及による影響を反映した流れ
  4. Dual AISAS Model ™|新しい消費行動モデル

経営・マーケティングの基礎をしっかり学びたいフリーランス・個人起業家さんのお役に立てば嬉しいです。

この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ

スポンサーリンク