フリーランスのワードプレス

ワードプレスのバックアップはBackWPupプラグインで簡単・定期的に!設定方法を解説

ワードプレスは、機能改善・バグの修正・セキュリティ対策などの関係で、定期的に最新版に更新する必要があります。

また、テーマやプラグインも頻繁に最新版に更新する機会があります。

更新自体はボタン一つで簡単なのですが、知っておいてもらいたいのが更新の際に発生するかもしれないエラーについて。

最悪の場合、サイトが表示されなくなるなんてこともありえなくはありません。

ただし、そんな最悪の場合でも、定期的にワードプレスのバックアップをとっていれば、元の状態に戻すことができるので安心!

ワードプレスのバックアップ
  • サーバー上のデータ
  • データベース

ワードプレスのバックアップには、大きく分けてこの2種類のデータファイルが必要になります。

今回は、一度設定しておけば、この2つのデータファイルを定期的に自動でバックアップしておいてくれるプラグイン「BackWPup」の設定方法を図解付きでご紹介します。

\WP更新前の手動バックアップ方法はコチラ/

WordPressを更新するときのポイント|プラグインを使ってバックアップをとろうWordPress(ワードプレス)を使っている方は、定期的に更新(アップデート/アップグレード)が必要になります。 更新をすること...
スポンサードリンク

BackWPupプラグインのインストール→有効化

まず最初に、バックアップをとるのに便利なプラグイン「BackWPup」をインストールしましょう。

サイドメニューのプラグインのページに移動して【新規追加】ボタンをクリックします。

右上の検索窓で「BackWPup」と検索すると最初で表示されます。【今すぐインストール】ボタンを押して、インストール完了後に「有効化」ボタンをクリックすれば完了です。

サーバー上のデータのバックアップ手順

ここからは、サーバーのバックアップを行っていきます。

「BackWPup」のプラグインを有効化すると、サイドメニューに「BackWPup」が表示されます。

メニューの中から「新規ジョブの追加」を選びましょう。

一般

上の方にある「一般」と書かれたタブをクリックします。

①ジョブ名 わかりやすい任意の名前でOKです
ここでは「lalaclip-backup」とつけました。
②ジョブタスク 2番目のファイルのバックアップを選びます
③バックアップの作成 アーカイブ名は何もいじらずデフォルト(初期設定)のままでOKです

下に続きます。

④アーカイブ形式 Tar GZipを選びます
⑤バックアップの保存方法 「フォルダーへバックアップ」を選びます
⑥ログ送信先のメールアドレス サイト管理者のメールアドレスを入力します
(すでにデフォルトで入力済み)
⑦メールの送信元 デフォルト(初期設定)のままでOK
⑧エラー 「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れます

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

スケジュール

続いて、「一般」タブの隣にある「スケジュール」タブをクリックして画面を切り替えます。

①ジョブの開始方法 2番目の「WordPressのcron」を選びます
(→スケジュール通りに自動的にバックアップをとる設定です)
②スケジューラーの種類 「基本」を選びます
③スケジューラー サーバーのバックアップは週1回が目安です。「毎週」にチェックを入れ、曜日と時間を選びます。
一般的にアクセス数が少ない午前3時ごろがおすすめ。ここでは日曜日の3:00AMに設定しました。

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

ファイル

変更点はないので、デフォルト(初期設定)のままで大丈夫です。

宛先:フォルダー

最後に「宛先:フォルダー」タブをクリックして設定を行います。

①バックアップを格納するフォルダー わかりやすいフォルダー名を入れます。
ここでは「uploads/file-backups」と入れました。
②ファイルを削除 フォルダー内に保持するファイルの数は「12」に設定します。
→週1回のバックアップなので、12=約3ヶ月分のファイルデータをバックアップしておくということになります。

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

ジョブの実行

保存が終わると、画面の上の方に「保存しました」というお知らせが出ます。【今すぐ実行】のリンクを押しましょう。

ジョブが開始されました。ファイルのバックアップを作成してくれています。

ファイルデータは、サイトの容量によっても変わりますが、ララクリップの場合は約3分半で完了しました。

ジョブが完了すると、下に完了済みの「lalaclip-backup」が追加されます。これで、ワードプレス内にサーバーのバックアップが出来上がりました。

ローカル(パソコン内)にダウンロードしておく

ワードプレス内にあるバックアップしたファイルをパソコンに保存します。

パソコン内に全てのデータを保管しておけば、ワードプレスのサイトに問題があったり、エラーが発生した場合も、元の状態に戻すことができます。

サイドメニューの「BackWPup」のメニューの中から【バックアップ】を選びます。

ダウンロードしたいファイル名にカーソルを当てると、ダウンロードボタンが表示されます。クリックすると、パソコンへのダウンロードが始まります。

これでサーバー上のデータのバックアップは完了です。

スポンサードリンク

データベースのバックアップ手順

続いて、データベースの自動バックアップ設定を行います。

サイドメニューの「BackWPup」メニューの中から「新規ジョブの追加」を選びましょう。

一般

上の方にある「一般」と書かれたタブをクリックします。

①ジョブ名 わかりやすい任意の名前でOKです
ここでは「lalaclip-database」とつけました。
②ジョブタスク 「データベースのバックアップ」
「インストール済みプラグイン一覧」
この2つを選びます
③バックアップの作成 アーカイブ名は何もいじらずデフォルト(初期設定)のままでOKです

下に続きます。

④アーカイブ形式 Tar GZipを選びます
⑤バックアップの保存方法 「フォルダーへバックアップ」を選びます
⑥ログ送信先のメールアドレス サイト管理者のメールアドレスを入力します
(すでにデフォルトで入力済み)
⑦メールの送信元 デフォルト(初期設定)のままでOK
⑧エラー 「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れます

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

スケジュール

続いて、「一般」タブの隣にある「スケジュール」タブをクリックして画面を切り替えます。

①ジョブの開始方法 2番目の「WordPressのcron」を選びます
(→スケジュール通りに自動的にバックアップをとる設定です)
②スケジューラーの種類 「基本」を選びます
③スケジューラー データベースのバックアップは1日1回が目安です。(サーバーのバックアップよりも容量が軽いので数秒で終わります)
「毎日」にチェックを入れ時間を選びましょう。一般的にアクセス数が少ない午前3時ごろがおすすめ。

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

DBバックアップ

①バックアップするテーブル 全てにチェックを入れます
②バックアップファイル名 デフォルト(初期設定)のままでOK
③バックアップファイルの圧縮 Gzip形式を選んで圧縮させましょう。

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

プラグイン

①プラグイン一覧のファイル名 デフォルト(初期設定)のままでOK
②ファイルの圧縮 「なし」を選択

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

宛先:フォルダー

最後に「宛先:フォルダー」タブをクリックして設定を行います。

①バックアップを格納するフォルダー わかりやすいフォルダー名を入れます。
ここでは「uploads/database-backups」と入れました。
②ファイルを削除 フォルダー内に保持するファイルの数は「30」に設定します。
→毎日のバックアップなので、30=約1ヶ月分のファイルデータをバックアップしておくということになります。

全て入力が終わったら、一番下の【変更を保存】ボタンをクリックします。

ジョブの実行

保存が終わると、画面の上の方に「保存しました」というお知らせが出ます。【今すぐ実行】のリンクを押しましょう。

ジョブが開始され、約5秒で完了しました。ファイルデータは約3分半ほどかかったのに比べて、データベースは5秒とあっという間です。

ジョブが完了すると、下に完了済みの「lalaclip-database」が追加されます。ワードプレス内にデータベースのバックアップが出来上がりました。

ローカル(パソコン内)にダウンロードしておく

サーバーと同じ手順で、バックアップしたデータベースもパソコンに保存しましょう。

パソコン内に全てのデータを保管しておけば、ワードプレスのサイトに問題があったり、エラーが発生した場合も、元の状態に戻すことができます。

サイドメニューの「BackWPup」のメニューの中から【バックアップ】を選びます。

初期画面ではサーバーのバックアップファイルが1つだけ表示されていると思うので、データベースの方に画面を切り替えます。

【FOLDER:lalaclip-backup】の部分を【FOLDER:lalaclip-database】のデータベースの方に切り替えて、「宛先を変更」ボタンをクリックします。

データベースのファイルに切り替わったことを確認して、ダウンロードボタンを押します。(ダウンロードしたいファイル名にカーソルを当てると、ダウンロードボタンが表示されます。)

クリックすると、パソコンへのダウンロードが始まります。これでデータベースのバックアップも完了です!

まとめ

自動バックアップに設定しているので、1日1回と週に1回、ワードプレスの中にバックアップが保存されます。

ワードプレスのソフトやテーマを更新する際は、今回の手順でワードプレス内からパソコン(ローカル)にデータをダウンロードしてから、更新(アップデート)を行うようにしましょう。

\更新前の手動バックアップ方法はコチラ/

WordPressを更新するときのポイント|プラグインを使ってバックアップをとろうWordPress(ワードプレス)を使っている方は、定期的に更新(アップデート/アップグレード)が必要になります。 更新をすること...
無料オンライン勉強会やってます♪
「集客のためのホームページ」無料オンライン勉強会
フリーランス・個人起業家の方を対象に、育てて一生使える集客のためのホームページの仕組みを無料のオンライン勉強会でお伝えします。

無料オンライン勉強会

このブログを書いているのは私です!

タイラミオ

関東から海外を経て2016年に沖縄に移住した30歳。脳内は♂寄りの♀。
会社に所属して3年以上働けない社会不適合者のひとり。
自分の経験やスキルをいかしてお金を生み出すフリーランスとして奮闘中!
沖縄でがんばっているフリーランス女性を応援しています*

プロフィール

お問い合わせはLINEが簡単&便利♪

サービスへのお問い合わせやご相談はLINE@でも受付中!