フリーランスのブログ集客

ブログで集客できない?失敗する原因や成功できない人の特徴とは

ブログ集客をがんばりたいけど、なかなか上手く成果に繋がらないし、新規のお問い合わせもこない。そんな悩みを抱えていませんか?

集客を目的としたブログを書く場合、ただ闇雲に記事を書いていても、残念ながら思うような結果は得られません。

今回の記事では、ブログで集客できない失敗原因や、成功できない人の特徴と、その対策についてお話します。

動画でも配信中♪

【1】ブログ記事の数が少ない

まず最初に、ブログ集客を目指すためには、情報量(記事数)が絶対的に必要となります。10、20ほどしか記事がないブログではなかなか人を集めることができません。

目指すは100記事(理想はそれ以上)

100記事と聞くと、気が遠くなるかもしれないので、最初は50記事、30記事でもいいので、継続してブログ記事を書いて更新していきましょう。

「100記事もネタがない」という方は後述する検索キーワードの存在を理解しましょう。これがわかれば記事のネタは無限大です。

完璧主義は捨てましょう

1記事1記事を100%の出来で仕上げたい完璧主義者さんも要注意。集客ブログは一度書いたら終わりではなく、定期的に修正や更新が必要となります。

100%の出来にこだわるよりは、最初は70%でもいいからとにかく公開・更新していくことを優先しましょう。

【2】自分が書きたいことを書いている

ブログ記事にはどんな内容を書いていますか?ただ自分が書きたいことや、日記を書いているだけ人は集客に繋がらないでしょう。

ユーザー第一を徹底しよう

集客ブログの主役はユーザー、つまり読者です。自分が書きたいこと、伝えたいことばかりで独りよがりになってしまっていては、人を集めることができません。

まずは読んでくれる人の目線に立って、読者が欲しいと思うことを第一に考えながらブログを書くようにしましょう。

ペルソナを設定しよう

読者目線に立つ上で、知っておいた方がいいのが「ペルソナ」の設定です。

ペルソナとは、マーケティング用語で使われることが多く、意味は「たった一人の理想の顧客像」のこと。

自分のブログを読んでほしい人を一人に絞って「ペルソナ」として設定することで、読者(ペルソナ)のニーズや価値観をより深く理解することができます。

ターゲットとペルソナの違いを理解しよう|フリーランスの集客基礎フリーランスとして自分で商品やサービスを売る、集客をする上で避けては通れないのがマーケティングに関する基礎知識。 今回はフリーラン...
スポンサードリンク

【3】検索されない記事ばかり書いている

ブログ記事の内容は何でもいいわけでは決してありません。「検索されるための記事」を意識してネタを探すことが大切です。

ブログに人を集める方法を知ろう

ブログに人を集めるということは、インターネット検索で自分のブログを見つけてもらわなければいけません。

SEO対策と呼ばれる、インターネットの検索結果で上位に表示させる仕組みの基礎的な部分をしっかり学んでおくことが大切です。

検索キーワードを調べよう

インターネットで検索するとき、私たちは複数のキーワードを使って、検索しますよね。この検索するときに使うキーワードを「検索キーワード」といいます。

そして実際に人々がどんな「検索キーワード」を使って物事を検索しているのか、これを知ることで、独りよがりではなく求められている内容の記事を書くことができます。

【SEOブログ集客】検索キーワードを理解すればネタは無限大!ブログも始めてみたけど、結局ブログに何を書いていいのかわからない。 毎日書いているけど、アクセス数も伸びないし、お問い合わせも来ない。...

【4】集客の仕組みや導線ができていない

ブログ記事をたくさん書いても、各記事に集客につながる仕組みや導線が作られていなければ意味がありません。

ブログを書いて終わり、読者は読んで終わり、になってしまっていませんか?

ブログ集客のゴールを決めよう

ブログ集客のゴール地点とは、ブログを使って何をしたいのか、読者にどうしてほしいのか、ということ。

例えば「講座や説明会に参加してもらう」なのか「LINE@やメルマガに登録してもらう」なのか「資料請求してもらう」なのか、何を持って集客成功とするのかを決めておきましょう。

ブログ記事の一番下にCTAを設置しよう

ゴール地点が決まったら、ブログ記事を読んでくれた方が理想のアクションを起こしてくれるような仕掛けを作ります。

もっとも一般的な手法としてはブログ記事の一番下に読者をアクションに促す文言やボタンを設置して、登録・申し込み・お問い合わせに繋げること。CTA(Call to Action)と呼ばれています。

集客ブログに欠かせない「CTA」とは|書いて終わりになっていませんか?ブログをがんばっているフリーランスのあなたへ。そのブログでちゃんと集客できていますか?書いて満足して終わり、になってしまっていませんか?...
スポンサードリンク

【5】いきなり商品を売ろうとしている

ブログを読んでくれた人にいきなり商品を売ろうとしていませんか?

ブログはあくまでも情報・知識・ノウハウの発信手段の一つ。良質な記事に信頼を持ってもらって、読者に好かれるブランディングが必須となります。

押し売りは嫌われるだけの時代です

ブログ集客でやりがちな失敗例として、ただ情報が知りたくてブログにたどり着いた人に商品の紹介をするなど、的外れなことをして押し売りだと判断され嫌われるケースです。

これをやってしまうと、集客どころか二度と自分のブログに訪れてくれなくなってしまうかもしれません。

ブログ集客のゴールは読者にとってハードルが低いアクションが良い

ブログ記事からいきなり商品を売るのではなく、読者にとってハードルが低く負担の少ないアクションを促すのが効果的です。

例えば、「SNSでフォローしてもらう」「LINE@に登録してもらう」などお金も手間もかからないことや、「無料の説明会に参加してもらう」など無料で有益な情報が得られることなどが、読者の満足度をあげるポイントとなります。

ブログ記事からいきなり商品説明のページに引っ張っていくのではなく、まずは【ブログ→説明会→商品紹介】【ブログ→LINE@→商品紹介】というように、段階を経て、信頼関係を築きながら商品を紹介していく方が、結果的に成約率も上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログで集客ができない失敗原因や成功できない人の特徴とその対策についてご紹介しました。

  1. ブログ記事の数が少ない
  2. 自分が書きたいことを書いている
  3. 検索されない記事ばかり書いている
  4. 集客の仕組みや導線ができていない
  5. いきなり商品を売ろうとしている

当てはまっている人は要注意かも。汗

とは言っても、集客ブログの仕組みをしっかり理解するのは簡単ではないので、もっと集客ブログの知識をつけたいと思った方は、ララクリップが提供している『集客ブログの考え方や書き方の基礎がわかる講座』をぜひお気軽に受講してみてください。

この記事を読んで、もっと集客ブログの知識をつけたいと思ったあなたへ

『集客ブログの考え方や書き方の基礎がわかる講座』やってます♪

フリーランス・個人起業家としてブログでの集客・発信をがんばりたい方対象

ミオ
ミオ
SEOやマーケティングの知識も散りばめた、かなり内容の濃い講座となっております。
個人事業として経営・マーケティングに真剣に向き合いたい方ほど、身になる講座だと思います^^
本気でブログ集客に取り組みたい、という方はぜひ受講してみてください✨

講座の詳細・
申込みはコチラ

スポンサーリンク