フリーランスのワードプレス

WordPressを更新したら編集画面が変わっちゃった!エディターを元に戻せるプラグイン紹介

ワードプレスは、機能改善・バグの修正・セキュリティ対策などの関係で、定期的に最新版に更新する必要があります。

ワードプレスを新しいバージョンにするのは良いのですが、更新すると管理画面の表示に変化が生じて、管理者が混乱するということもよくあります。

特に2018年12月時点の最新版WordPress5.0.2に更新すると、編集画面(エディター)に大きな変更があります。

旧エディター
新エディター

今回は、WordPressの最新バージョンに標準搭載されている「Gutenberg」という新エディターから、以前の旧エディターに戻すためのプラグイン【Classic Editor】をご紹介します。

スポンサードリンク

新エディター「Gutenberg」

まず最初に「ワードプレスを更新したら編集画面がおかしくなった!」とパニックにならなくても大丈夫です。

こちらはエラーでおかしくなったわけではなく、最新バージョンに新エディターが標準搭載になった結果、編集画面が大幅に変更になったということです。

もちろん、この機に新エディターを使い始めて少しずつ慣れていけばいいのですが、前のエディターの方が使いやすかったという人も多いのではないでしょうか?

前のエディターを使い続けたい方のためにおすすめのプラグインが「Classic Editor」です。

「Classic Editor」をインストール→有効化

プラグインの新規追加で「Classic Editor」をインストールしましょう。

サイドメニューからプラグイン画面に移り、【新規追加】ボタンをクリックします。

検索窓に「Classic Editor」と入力すると1番最初に出てきます。

【今すぐインストール】をクリックし、インストール後に【有効化】ボタンを押して完了です。

有効化したあとの設定などは特に必要ありません。

スポンサードリンク

投稿画面のエディターをチェック

プラグインを有効化した状態で、もう一度投稿画面を見てみると、以前のエディターに戻っているはずです。

ワードプレス自体は最新バージョンになっていますが、エディターのみ旧バージョンを利用しているということになります。

「Classic Editor」のプラグインを入れている限り、旧エディターを使い続けることができます。

まとめ

以上、今回はワードプレスの更新に伴って変更になったエディターを、旧バージョンに戻す方法をご紹介しました。

私自身も旧エディターの形にだいぶ慣れてしまっていたので、しばらくは「Classic Editor」を使って、サクサク記事を書いていこうと思います。

ワードプレス更新の際は、このような変更点もよくありますので、パニックにならずに対応策を見つけましょう。

WordPressを更新するときのポイント|プラグインを使ってバックアップをとろうWordPress(ワードプレス)を使っている方は、定期的に更新(アップデート/アップグレード)が必要になります。 更新をすること...
この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ