フリーランス×WEB

WEBサイトを作りたいフリーランス必見!独自ドメインとレンタルサーバーとは?【完全初心者向け】

自分のWEBサイトをつくる上で、避けては通れないのが、ドメインとサーバー。

特に自分のビジネスの名刺代わりになるWEBサイトを作ったり、WEBサイトやブログに広告を入れたりものを宣伝・販売する場合は、独自ドメインやレンタルサーバーが絶対的に必要になってきます。

 

これから自分でビジネスを始めてみたいと思っているフリーランスの方は、AmebaブログやTi-daブログのようなプライベート用の無料ブログではなく、年間15,000円程度(月々約1,200円)で独自のドメインやサーバーを持っておくことをおすすめします。

 

・・・でも、そもそもドメイン・サーバーって何?? 汗

 

よく耳にするけど、今さら誰にも聞けない・・・

ということで今回は、ドメイン、サーバーとはそもそもなんなのか、WEBサイトとの関係性を初心者にもわかりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

サーバー / WEBサイト / ドメインを例えてみよう

まず最初に、WEBサイトをつくる上でのドメインとサーバーの関係性を説明します。

今回は例として、ビルの中の一室を店舗代わりに使って商品を売る、というシチュエーションで考えてみましょう。

飲食店や販売店の場合、商品やサービスを提供する場所が必要ですよね。

その場所を借りるために、私たち事業者はそれぞれAビル・Bビル・Cビルに月額を払って一室(スペース)を借りる必要があります。

【1】サーバーとは:賃貸の一室

サーバーはサイトをインターネット上にアップロードして公開するために必須なもの。

今回は、サーバーをビジネスを行うためのビルの一室として考えてみましょう。

通常、個人(会社)でWEBサイトをつくる時は、レンタルサーバー会社から特定のサーバーを借りるのが一般的です。

下のイラストのように、各レンタルサーバー会社が持っているビルの一室をユーザーが借りている、というイメージですね。

(レンタルサーバー会社例:エックスサーバー・ロリポップサーバーなど)

このビルの一室を月々(もしくは年間)定額を払って借りて、自分の店をつくったり、商品を売る場所を確保するといったイメージです。

つまりネット上の賃貸スペースということですね。このサーバー上(一室)に、画像やWEBページをアップロードして、サイト(店)を作り上げていきましょう。

 

サーバーは無料のものと有料のものがあり、無料のサーバーは企業の広告が勝手についてきます。

例えば、アメーバブログやTi-daブログは上下やサイドバーに広告が入っていますよね。これは、企業側が貼り付けているものであって、いくら邪魔・見づらいと思っても、無料である以上これらを消去することはできません。

特にフリーランスで自分の商品やサービスを売っていきたいのに、関係ない広告が入っていたら見栄えが悪いですよね。

月々1,000円程度で、自分の情報だけを載せられるWEBサイトがつくれるわけですから、フリーランスの方は有料サーバーを借りることをおすすめします。

もちろんサーバー料金は全て経費で落とせます。

スポンサーリンク

【2】ドメインとは:覚えやすい電話番号

WEBサイト(店)を作るために、サーバー(賃貸スペース)を借りることが必要だということはわかりました。

では、ドメインとはいったい何で、なんのために必要なのでしょうか?

今回は、覚えやすい電話番号をイメージしてみてください。通販などで語呂合わせの電話番号って耳に残りますよね。「0120-117-117(いいないいなのアリコ)」や「0120-828-828(やずや)」など頭に残って離れないものもあるのでは?

ドメインはこれらの覚えやすい自分で決めた電話番号に例えられます。

ララクリップのドメインは https://la-la-clip.com/ これになりますね。短い上に、事業名が入っているので、誰が見てもわかりやすいかと思います。

WEBサイトアドレスURLという言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが、ドメインはアドレスやURLをわかりやすい文字列で形成したもの。

https://la-la-clip.com この緑色の部分は自分の好きな文字を入れることができるので、すでに使われているものでなければ、自分のビジネスにあった世界で一つだけの住所を持つことができます。

https://la-la-clip.com この青色部分も自分で選ぶことができ、人気の度合いや知名度によって値段が変動します。以下、よく使われている一例と年間費用を見てみましょう。

  年間 利用可能条件
.jp 2,800円 組織・個人問わず日本に住所があれば取得可能
.com 1,000円 commercialの略で商用ドメインのこと
.net 1,000円 networkの略でどんなサイトでも利用可
.okinawa 990円 特定の地域に特化したWEBサイト用に
.shop 800円 ネットショップや店のWEBサイト用に
.info 320円〜 informationの略で、どんなサイトにも利用可
.site 70円 websiteのsiteを表し、どんなサイトにも対応

こんな感じで、人気どころの年間費用は安いものは数十円、人気の.jpでも約3,000円と、手が届きやすいです。

自分のビジネスへの自己投資と考えれば安いものですね。

 

ここまで説明したドメインは”独自ドメイン”と呼ばれるもの。

有料の独自ドメインだけでなく、無料で使えるものもありますが、ビジネスとして使用する場合は信用性に欠けてしまったり、更新期限が1年だったりと不便な点が多数。

年間1,000円前後で済むので、ビジネス用のWEBサイトなら間違いなく独自ドメインがおすすめです!

WEB上のスペースを借りて自分だけのサイトを作ろう!

ウェブ上に賃貸の一室(サーバー)を借りて、オリジナルの覚えやすい電話番号(ドメイン)を取得して、ようやく店(WEBサイト)をつくる準備ができるのですね。

レンタルサーバー+独自ドメイン合わせても、年間で約10,000〜20,000円。月々に換算したら、たったの800〜1,600円程度。

多くの人がウェブから情報を得る時代。フリーランスの方はビジネス用・集客用のWEBサイトを持っていて損はありません。

フリーランスで個人ビジネスの準備中の方、駆け出しの方、そろそろWEBサイト作成を考え中の方、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク