フリーランスLife

この人とは一緒に仕事したくないなぁと(個人的に)思ってしまうフリーランス女性の特徴5つ

誠に恐縮ながら、フリーランスとして個人的な意見を書かせていただきますの回!

やっぱりせっかく会社に所属しないフリーランスとして独立したわけですから、価値観が合わない人とはわざわざ一緒に仕事したくないのです。

ということで今回は、「この人とは一緒に仕事をしたくないなぁ」と思ってしまうフリーランス女性の特徴を5つ挙げてみました。めっちゃ上から目線ですみません!あくまでも私の個人的な意見なので悪しからず。

スポンサーリンク

 

【1】何でもかんでも一緒にやりたがる

完全に個人的な性格の問題なのですが、みんなで一から協力してワイワイやるのが苦手だからフリーランスになりました。なので、何でもかんでもとりあえず一緒にやりたがる方は苦手です。

一緒にプロジェクトや企画を行うこと自体は全く問題ないのですが、依存度が高いと感じてしまう方とはフリーランスとしてはなるべく仕事をしたくありません。

自分自身のビジネスプランや理念がはっきりしていて、自立した上でお互いの足りない部分を補える関係性がいいですね。

二人で全く同じことをやるのではなく、役割分担をはっきりさせて、きっちり自分のやるべきことができる相手とする仕事は本当に楽しいですし、自分も負けずに頑張ろうというモチベーションにも繋がります。

【2】遅刻グセがある

これはビジネスパーソンとして論外ですよね。

遅刻をするということは相手を舐めているということです。たとえ5分や10分の遅刻だったとしても、少なからず相手の大切な時間を奪っているわけですよね。

プライベートな会合なら多少気にしませんが、ビジネスの場で遅刻が多い方に関しては、舐められてるのかなー、私との約束は優先度低いのかなーと疑ってしまいます。

【3】ミーティングで雑談が多い

限られた時間でのミーティング。1〜2時間で話すべきこと、まとめるべきこと、全部きっちりしたいタイプです。

本題からそれて雑談したり、2時間も3時間もダラダラ続くミーティングほど時間の無駄なことはありません。

それぞれの仕事時間やプライベート時間を割いているわけですから、議題を決めてサクサクと話を進められる相手がいいですね。

実際、1時間でまとめよう!と時間を守ってやるミーティングの方が断然良いアイディアや企画ができたりします。

スポンサーリンク

【4】企画書がつくれない

こちらもビジネスパーソンとしては論外だと思いますが、できない方が結構います。

ものすごい完璧なものを作ってくる必要はないんですよ。ただ、相手にわかりやすく伝わるようにまとめようという姿勢が大事だと思います。

大手の企業相手にビジネスプランのプレゼンをする場合は、きっと意気込んで企画書をつくり込むでしょう。でも対フリーランス(特に個人事業主)だと作らない(もしくは作れない)で口頭でプレゼンする人も結構います。

「具体的に検討するためにも、企画書にまとめていただいてもいいですか?」と伝えると、そこまでで話が終わって、結局企画書を作らずにビジネスプランも流れます

企画書や提案書を書くということは、ビジネスの内容や方向性、課題点などを考え出してまとめるという力が必要。

やっぱりフリーランスとして自立している方と一緒にお仕事がしたいので、企画書が作れるかどうかは結構見てしまいます。

【5】めんどくさいことを嫌がる

最後に、めんどくさいことをあからさまに嫌がる方とは仕事をしても上手くいかなそうだなと感じます。

そもそもフリーランスで独立して、特に個人事業主になったら、一人で乗り越えなきゃいけないめんどくさいことがたくさんあります。

めんどくさいことをやりたくないなら、お金をかけるか、最初にコツコツ努力してめんどくさいことを避ける仕組みを作るしかありません。

お金(資金)も使わず、努力もせずに、ラクしてめんどくさいことを避けようとする人とは一緒に仕事したくないですよね。そもそもフリーランスとしてあまり向かないタイプの方かもしれません。

まとめ:自分自身の反面教師として。

以上、今回は「この人とは一緒に仕事をしたくないなぁ」と思ってしまうフリーランス女性の特徴を5つあげてみました。

個人的な見解をブログに書くのは抵抗があったのですが、今はこんな偉そうなこと言ってるものの自分自身も油断して相手からこんな風に思われてしまったら絶対に嫌だと思い、あえて記事にしました。

これを自分でも読み返して反面教師にして、理想とする自分自身を築いていきたいと思います。

共感してくれる方の参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク