フリーランスのワードプレス

クリックすると画像が拡大!ワードプレスのプラグイン「Easy FancyBox」の使い方

ブログ記事の中に挿入されている画像が小さくて見づらい・・・
でもアップロード時のサイズだと記事全体のデザインが崩れちゃう・・・

そんな時に便利なのが「Easy FancyBox」というプラグインです。

画像拡大不可
画像拡大可能

クリックしてみてください!

「Easy FancyBox」のプラグインを使うと、上の画像のようにクリックするとポップアップ式でアップロード時のサイズの画像が出てきます。

インストールして有効化するだけ!設定いらずで簡単なので、ぜひブログ作成時に取り入れてみてください。

Easy FancyBoxをインストール→有効化

サイドメニューからプラグインを選び、上の方にある【新規追加】ボタンを押しましょう。

新規追加画面の右上にある検索窓に「easy fancybox」と入力すると、1番最初に出てきます。「インストール」ボタンを押しましょう。

インストールが完了したら「有効化」ボタンを押して完了です。

投稿ページで拡大させたい画像を設定する

記事の投稿画面から「メディアを追加」ボタンを押して画像をアップロード、もしくはアップロード済みで挿入したい画像選びましょう。

記事に挿入して拡大させたい画像を選びます。投稿に挿入する前に、右側の「添付ファイルの詳細」部分を下の方にスクロールさせて、「添付ファイルの表示設定」を見つけましょう。

「添付ファイルの表示設定」の項目を見ます。

リンク先 メディアファイルを選択する
サイズ 表示させたいサイズを選ぶ

→【投稿に挿入】ボタンを押す

記事に挿入済みの画像を拡大させたい場合

すでに記事の中に挿入してある画像を拡大させたい場合は、画像をクリックして鉛筆マークの編集ボタンをクリックします。

設定の部分の「リンク先」を『なし』→『メディアファイル』に変更して【更新】ボタンを押せばOKです。

ポップアップの活用方法の例

例①

小さいロゴマークなどを並べて表示して、気になったものはクリックで拡大表示してもらう

 
例②

縦長表示の画像は、記事内では小さく表示して、必要に応じて拡大してもらう

  
例③

文字が小さかったり、情報量が多い画像は、拡大して詳細を見てもらう

まとめ

以上、「Easy FancyBox」の紹介と使い方でした。

  1. プラグインをインストール→有効化
  2. 画像挿入時にメディアファイルに設定する

基本的にこの2ステップでできるのでとっても簡単です。ぜひ、ホームページ作成・ブログ記事作成の際に使ってみてください!

この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ

スポンサーリンク