フリーランスとは?

専業?副業?それとも複業?いろんなタイプのフリーランスがある!

一言に「フリーランスになる!」と言っても、フリーランスとしての働き方は様々。

実際にいろんなタイプのフリーランサーがいるので、今回はフリーランスとしての働き方の方法・選択肢をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

専業フリーランス(独立系)

専業とは、ある職業・事業を専門にすること。

つまり「専業フリーランス」は自分の専門とする職業・事業で独立して仕事を行うフリーランスのことです。

企業との雇用形態は一切持たずに、個人事業主で開業したり、法人として会社を設立したりしています。

副業フリーランス

「副業フリーランス」は、組織や会社と雇用関係を結び、会社員を本業としながら、他の仕事も抱えているフリーランスのことです。

年間所得が低く、趣味の範囲で副業をしている場合は、開業届を出さずに活動することも可能です。

  • 会社員を本業としながら、スキマ時間や休みの時間を使って副業している
  • 会社員を本業としながら、個人事業主として他の仕事を請け負っている
  • 会社員を本業としながら、自分の会社を設立して経営している

最近では副業OKという会社も増えてきているので、今後も会社員兼・副業フリーランスとして働いている人は増えていくでしょう。

スポンサードリンク

複業フリーランス

同じ「ふくぎょう」でも漢字が違う「複業フリーランス」。

副業は本業の他にする仕事という意味で使われますが、複業は漢字の通り「複数」の仕事を同じくらいの割合でこなすことを意味します。

会社員×フリーランス
  • 会社員をしながら、会社を設立して経営している
  • 会社員をしながら、フリーのデザイナーとしても働いている
フリーランス×フリーランス
  • フリーでコンサルをしながら、ライターとしても働いている
  • フリーで美容師をしながら、セミナー講師としても働いている

つまり、本業を一つにしぼらずに、複数のビジネスで収入を得ている人が「複業フリーランス」の枠組みに属しているわけです。

最近では「パラレルワーカー」と呼ばれることもあり、注目を集めていますね。

一つの職業・事業にこだわらず、自分のスキルや経験を活かして複数の異なる事業やサービスを提供する働き方は、これからの時代フリーランスとして事業を継続する上でカギとなるとも言われています。

最初は専業フリーランスから始めて、ゆくゆくは事業を増やして複業フリーランスになりたい、という方がどんどん増えています。

学生フリーランス

学生でもフリーランスとして仕事をすることは十分にできます。

雇用形態を結ぶアルバイトと違って、例えばWEB関連の仕事ならクラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングで仕事を受けることができます。

エンジニアやライターとしてフリーランスを目指したい方は、学生のうちから経験を積んでおくに越したことはありません。

学業をメインにしながら空いた時間を使った副業にしてもいいし、学業と同じくらい時間を費やして複業としてビジネス展開に挑戦してみてもいいでしょう。

スポンサードリンク

主婦フリーランス

最後に、結婚や出産を機に会社を辞めたり、パートタイムにせざるを得なくなった主婦の方も、家事や育児の合間を使ってフリーランスとして働くことができます。

最近ではフリーランスとして在宅でできる仕事も増えています。

ブロガーやユーチューバーとして発信することで収入を得たり、物作りや商品開発でビジネスを成功させている主婦の方たちがたくさんいますよ。

ホームページ作成サポート

ホームページを作って、サービスの宣伝・集客をしたいけど・・・

「ウェブがとにかく苦手」
「一人でできる気がしない」

「大人数の講座でついていけない」
「業者に頼むほど予算に余裕がない」

こんな悩みを抱えていませんか?

ララクリップが提供するウェブコースは
初心者のペースで、とにかくわかりやすく
をモットーにしたサービスです。

フリーランス限定
3万〜15万円で選べる3つのサポートプランを提供

\他社に負けない5つの魅力/

マンツーマン or 少人数制
1〜3ヶ月のしっかりサポート
個人経営ならではの低価格
SEO対策の基礎講座
複数人でおトクな割引

詳しくはコチラ