フリーランスWeb集客

フリーランスのホームページなら圧倒的にワードプレスがおすすめな7つの理由

フリーランス(個人事業主)として起業を決めた!

ビジネスやサービスの案もやっと固まってきて、そろそろ本格的にウェブでの集客や認知度をあげていきたい!

そんな時に役に立つのがブログやウェブサイト(ホームページ)の存在です。

でも、無料ブログだと商用に使えるのかわからないし、専用のサイトを作りたくても知識がない、そして起業したばかりでそこまで費用もかけられない・・・

そんな悩みを解決してくれるのがワードプレスです。

ワードプレスというブログ・サイト作成ツール(システム)を使えば、高性能かつ管理もしやすいサイト(ブログ)を作ることができます。

今回は、起業したばかりのフリーランスがワードプレスで自社サイトを作るべき6つの理由をご紹介します。

スポンサードリンク

ワードプレス(Wordpress)とは?

まず最初にワードプレス(Wordpress)とは、ブログプラットフォーム / ブログソフトウェアと呼ばれるものです。

プラットフォームやソフトウェアと言われてもピンとこないですよね。簡単に言うと、ブログやサイトを簡単に作成できるシステム(ツール)のことです。

インストールは無料。ウェブやプログラミングの知識がない初心者でも、使い方に慣れれば問題なく利用できます。

オンライン上で管理するので、ワードプレスをアップするサーバーのレンタルが必要になりますが、サーバーは月額500〜1,000円ほどなので費用も最低限に抑えることができます。

それでは早速、ワードプレスを使うメリットを6つ順番に見ていきましょう。

【1】作成費用が安い

まず第一に作成費用が安いこと。

かかる費用としては、ワードプレスをインターネット上にアップするためのレンタルサーバーだけで、ワードプレスのインストール自体は無料です。

だいたい月額500〜1,000円(年額6,000〜10,000円)ほどなので、初期投資としては負担が少ないでしょう。

業者に頼んで自社サイトを作ってもらうと、このレンタルサーバーの費用以外に数十万円はかかります。

ワードプレスなら、多彩な機能でカスタマイズできるので、お金をかけなくてもオシャレで高性能のブログやサイトが作れます。

また、最近ではレンタルサーバーの管理画面からワードプレスを簡単に自動インストールできるので、初心者でも簡単です。

ワードプレスが使えるおすすめのレンタルサーバーサービス|フリーランス向け自分のビジネスをもっとたくさんの人に知ってもらうため、ホームページの作成を決めた! 特に今多くの個人や企業が使っているWordpr...
スポンサードリンク

【2】余計な広告がない

無料のブログやホームページの難点としては、ブログやサイト内に、自分のビジネスとは関係ない無駄な広告が多いこと。

無料でブログやホームページが作れるサービス(アメブロ・ティーダ・FC2・seesaaなど)は、初心者にも使いやすく操作も簡単ですが、ブログの上下、サイドバー、記事内にたくさん広告がありませんか?

フリーランスとして自分のビジネスを広めたいのに、ところどころに自分のビジネス・サービスとは関係ない広告があったら見栄えが悪くなってしまう上、他の広告にお客さんを取られてしまう危険性もあります。

ワードプレスなら完全白紙のページを作成することができ、自分のビジネス・サービスの広告を好きなように挿入することができます。

【3】商用利用が可能

無料ブログの中には商用利用禁止が規約に含まれているものもあります。(アメブロが代表的な例です。)

自分のサービスや商品を堂々とアピールすることができないのでは意味がありません。広告もなく商用利用も可能なブログ・サイトが月500円〜作れるワードプレスの方が、ビジネス用には最適です。

スポンサードリンク

【4】豊富なデザインテンプレートが選べる

ワードプレスは、テーマと呼ばれるデザインのテンプレートが豊富に用意されており、自分の好みに合わせてデザインを選ぶことができます。

公式サイトだけでもなんと3,000以上の無料のテーマが用意されており、外部サイトからも無料/有料テーマをダウンロード/購入することができます。

【5】カスタマイズがしやすい

テーマを決めたら、管理画面でカスタマイズが可能。サンプルの画像を自分が撮った写真に変えるだけでも、オリジナリティが出ます。

ワードプレスが今や世界中で幅広く使われているので、使い方のマニュアルや、プラグインを使ったカスタマイズの仕方などもネットで検索すればたくさん出てきます。

一度使い方を覚えれば、楽しくなってどんどんカスタマイズするのにハマっていきますよ。

スポンサードリンク

【6】ブログとしてもホームページとしても使える

ワードプレスサイトなら、ブログとサイトの良いとこ取りができます。

ブログとホームページはそれぞれに役割がありますが、両方あると管理するのが大変ですよね。

定期的に記事をアップして更新していくブログは、集客や認知度アップに最適。

ブログ記事から集めた見込み客を、自分のビジネスやサービスに誘導するのにはサイト部分(プロフィールページや料金表のページ、サービス内容ページなど)が役立ちます。

ワードプレスサイト1つで集客〜成約までを担うことができますよ。

【7】SEO対策がしやすい

最後に、ワードプレスは検索エンジン最適化(SEO)対策がしやすいとも言われています。

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンで自分のサイトやブログを上位に表示させること。上位表示は、ユーザーにとってのサイトの見やすさやコンテンツの質を重視して決められています。

実際、ワードプレスはGoogleの検索エンジン担当も推奨しているほど、デザイン性・機能性ともに高評価を得ているのです。

ワードプレスの注意点

続いて、もちろん良いことばかりではありません。ワードプレスの使う上での注意点もお伝えしておきます。

(1)使い方の知識が必要

初心者でも使いやすいシステムではありますが、無料ブログに慣れている方や、全くのウェブ初心者にとっては慣れるまで大変かもしれません。

ワードプレスの管理画面は、たくさんの選択肢(メニュー)があって、どのメニューがなんの役割なのか、どんな風に使うのかを最初に覚える必要があります。

また、カスタマイズも初めは思うようにうまくできないかもしれません。システムの不具合やエラーも基本的には自分で調べて対応しなければならないので、ある程度の知識や責任は必要です。(起業している時点で、これくらいは覚悟しておいてほしいものですが)

使い方ももっとシンプルで、何かあったらカスタマーサポートがしっかりしている方が安心という方は、アメブロやティーダでも広告の出ない有料版があるので、そちらを利用するのがおすすめです。

(2)セキュリティの強化が必要

世界中の人が利用しているという点で、ハッカーから攻撃を受けたり、スパムコメント攻撃などセキュリティー面での注意が必要です。

セキュリティ強化のために、ユーザー名とパスワードを複雑なものにしたり、システムを最新バージョンに更新するなど対策をとっておきましょう。

(スパムから保護するためのプラグインもあるので、有効活用しましょう。)

まとめ:本格的なサイトは自分で作れる!

以上、起業したばかりのフリーランスがワードプレスで自社サイトを作るべき7つの理由をご紹介しました。

ワードプレスは無料ブログと比べたら使い方の難易度は高いものの、商用利用にはバツグンの使いやすさを誇ります。

この記事を読んで「ワードプレスサイトを作りたい!・・・けど、最初から全部一人でやるのは不安」と思った方のために、ララクリップでは「ホームページ制作」と「ワードプレスの使い方講座」を行っています。

興味がある方、詳しく話を聞きたい方は、LINE@メールからお問い合わせください。

 

無料オンライン勉強会やってます♪
フリーランス・個人起業家の方を対象に、SNSやブログなどウェブツールの役割と活用術を無料のオンライン勉強会でお伝えします。

勉強会に参加する

フリーランスに嬉しい情報が届く♪

お問い合わせはLINEが簡単&便利♪

このブログを書いているのは私です!

タイラミオ

関東から海外を経て2016年に沖縄に移住した30歳。脳内は♂寄りの♀。
会社に所属して3年以上働けない社会不適合者のひとり。
自分の経験やスキルをいかしてお金を生み出すフリーランスとして奮闘中!
沖縄でがんばっているフリーランス女性を応援しています*

プロフィール