フリーランスとは?

【まとめ】フリーランスとは?意味・仕事の種類・税金・なるための準備など

タイラミオ
タイラミオ
この記事では「フリーランス」の意味・働き方のアレコレを徹底解説!

近年、フリーランスで働いている方が増加していますが、フリーランスとは一体どんな働き方なのか、どんな人をフリーランスまたはフリーランサーと呼ぶのか、イマイチよくわからなかったりしますよね。

今回は「フリーランス」の働き方に興味はある、聞いたことはある、でも実は細かいところは理解できていない、基礎から「フリーランス」を知りたい、そんなあなたのために、フリーランスに関する基礎知識をたっぷりお伝えしたいと思います。

Page Contents

フリーランスとは|言葉の意味も

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず仕事に応じて自由に契約する働き方や働く人のこと。

日本語では「自由業」「自由職業」を意味し、フリーランスで働く人を「フリーランサー」と呼んだりします。

基本的には、会社員や契約社員と違い、会社・企業に雇われず、独立して仕事を行うことを指しますが、最近では会社員とフリーランスを同時にこなす副業や複業(パラレルワーク)も増えており、働き方のスタイルは年々多様化してきています。

フリーター(アルバイト) とフリーランスの違い

フリーランスを知る上で、よく間違えやすいのが「フリーター」との違いです。

フリーターの正式名称はフリーランスアルバイターのこと。雇用形態にはあるものの、非正規雇用で働いているアルバイトやパートの人をさします。

一方で、フリーランスは雇用されずに独立した働き方のことを表すので、名前は似ていても、働き方は全く異なるのです。

フリーランスと個人事業主の違い

会社に所属せずに個人で働く人のことを「個人事業主」と呼ぶこともありますが、フリーランスと何が違うのでしょうか?

「フリーランス」は働き方の形態を表す言葉で、「個人事業主」は税務上の所得区分を表す言葉です。

個人で事業を行なっているフリーランスが税務署に開業届を出した場合、その人は税務上「個人事業主」と呼ばれるようになります。

個人ではなく、株式会社や合同会社を設立する場合は「個人事業主」ではなく「法人」になります。

フリーランスになるには|始め方

フリーランスになるのに特別な許可や資格は必要ありません。

会社を立ち上げるわけではなく、個人として起業してフリーランスになりたいなら、各都道府県の税務署に開業届を出すだけでOKです。(※個人事業主の場合。法人設立の場合は異なる)

フリーランスの個人事業主として開業したら、あとは基本的に以下の繰り返しになります。

【1】普通に自分で仕事をしてお金を稼ぐ

【2】毎月の収支を会計ソフトに記録する

【3】年1回、確定申告をして税金を計算する

ここからは、個人事業主として開業する方法や開業届提出の義務、そして実際に開業する前に知っておきたいフリーランスの向き不向きについて見ていきましょう。

開業届とは?提出するのは必須?

開業届(正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」)とは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類のことです。

沖縄税務署に行って、書類を1枚記入して提出するだけ。所要時間約10分ほど。開業費用も一切かかりません。

また、開業届を提出せずに仕事をしていても、特に罰則などはありません。

ただ、開業届を提出することによって、税務署から税金や確定申告の案内が届いたり、屋号(事業名)で銀行口座が作れたり、税金に関するお得な控除も受けられるので、独立してしっかりお金を稼いでいきたいなら、開業届を提出して、個人事業主になることをおすすめします。

開業届を出さずにフリーで仕事をしている方でも、収入が一定の額を超えたら、開業届の提出有無に関わらず確定申告をして税金の計算をする必要があります。

こちらの記事も一緒にチェック!
個人事業の開業届の書き方と必要書類まとめ

フリーランスに向き・不向きはある?

フリーランスになるのに許可や資格は不要ですが、個人の能力やスキルがモノを言う世界なので、その人の性格や素質によってフリーランスに向いているか向いていないかが分かれます。

一概には言えないですが、特に私の繋がっているフリーランスの成功者と、反対にうまくいっていない人の特徴を踏まえ、向き不向きを分けてみました。

向いている人
  • 自己管理能力がある人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 営業力(伝える力)がある人
  • 人脈(コネクション)が多い人
  • 好奇心旺盛な人
  • 行動力がある人
  • 失敗を恐れずに挑戦する人
  • 責任感がある人
  • 判断力がある人 など
向いていない人
  • 月々の安定した収入や福利厚生を重要視する人
  • 補佐役・管理職・チーム行動で力を発揮するタイプの人
  • ただラクしたい、自由になりたいからフリーランスになりたい人
  • すぐ人のせいにする人
  • 失敗したくない人
  • 責任感のない人
  • 決断力のない人 など

フリーランスの仕事の職種と働き方あれこれ

ここからはフリーランスとして働いている人たちがどんな種類の仕事をしていて、どんな働き方をしているのか見ていきましょう。

フリーランスの仕事の種類・分類

フリーランスでできる仕事をカテゴリー(分類)別に分けて見ましょう。

場所を問わずに働けるWeb系フリーランス

  • ライター
  • デザイナー
  • プログラマー
  • エンジニア
  • イラストレーター
  • マーケッター
  • Web編集者

フリーランスの仕事はWeb系がとても多いです。パソコンがあれば、インターネットにつながれば、どこにいても仕事ができるのが強み。

知識や経験で勝負!「教える」フリーランス

  • コンサルタント
  • カウンセラー
  • コーチング
  • セミナー講師
  • オンライン講師
  • 語学講師

人に教えたり、導いたり、相談にのることができれば、それもフリーランスの仕事になります。自分の今までの学び・経験がいきるでしょう。

スキル・テクニックを売る!技術職フリーランス

  • エステティシャン
  • 整体師
  • 鍼灸師
  • ネイリスト
  • 美容師
  • メイクアップアーティスト
  • カメラマン
  • 動画・映像制作
  • 通訳・翻訳
  • 脚本家・演出家
  • トレーナー・インストラクター
  • モデル
  • ファイナンシャルプランナー(FP)

自分のスキルやテクニックを使って独立して働けるのが技術職フリーランスです。

賢くモノを売る!販売・転売系フリーランス

  • ハンドメイド作家
  • 輸入販売
  • 中古販売
  • フリマアプリでの転売

モノを作ったり、販売するのが得意なら販売や転売をビジネスにすることができます。オンラインショップやフリマアプリを活用しましょう。

人と人とをつなぐ系フリーランス

  • コミュニティマネージャー
  • 営業職(代理営業)
  • 不動産紹介
  • 人材紹介(ヘッドハンター)

人がいる限り、需要がある仕事。オンラインサロンや地域コミュニティを作って、人をまとめたり管理する立場は現在増加中。紹介業や代理営業も十分ビジネスになります。

お家で働ける在宅フリーランス

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • エンジニア
  • イラストレーター
  • 漫画家
  • オンライン講師

家事や育児と並行して仕事をしなければならない奥さんやママさんたちにおすすめの在宅フリーランス。インターネットを上手く使って仕事をしましょう。

スキルなしからでも挑戦できるフリーランスの仕事

  • Webライター(書くことを仕事に)
  • オンライン講師(得意・経験を活かせる)
  • プログラマー(これから需要がある)
  • エンジニア(まだまだ人手不足)
  • ブロガー・ユーチューバー(アイディアでお金を生み出す)

Webライターは初心者でも「書く」練習を繰り返すことで、プロになりやすい職種です。講師業も、自分の得意・強みと、世の中の需要が合えば、特別なスキルがなくても仕事にできます。

また、プログラマーやエンジニアはスクールに通って学ぶこともできる上、まだまだ需要もあるので挑戦する価値はあるでしょう。

専業・副業・複業フリーランス

専業

会社に所属せずに、本業を持って独立して働く

副業

会社に所属しながら、副業としてフリーで働く

複業

会社に所属せず、独立して複数の仕事をする

フリーランスの働き方も多様化しています。

会社員をしながら、空いている時間でフリーで働く副業フリーランスや、複数のビジネスを同時平行で行い、収入源を分散させる複業(パラレルキャリア)フリーランスなど、自分に合うフリーランスのワークスタイルを選びましょう。

業務委託フリーランスと自営業・個人経営の違い

業務委託

雇用されるのではなく、企業と対等の立場で業務の依頼を受ける働き方のこと。

社内で対応できない業務を外部の人間として行うために契約を交わし、会社の業務を代行する。

自営業・経営

個人が自らの力で事業を経営すること。店舗やサロンを経営したり、自分の商品やサービスを作って売るなどして収入を得る。

営業・マーケティングなども自分で行う。

フリーランスの働き方には大きく2種類に分けることができ、会社の業務を代行・請負する「業務委託」の働き方と、自らの商品やサービスを売る「経営・自営」の働き方があります。

「業務委託」は条件の良い契約を結べば、会社員より良い報酬で、契約期間中は安定した仕事(収入)が見込めるのが強み。一方で、やっていることは企業の社員と変わらないことや、福利厚生がないなどの不安定な部分が不満になることも。

「経営・自営」の場合は、完全に独立して営業やマーケティングまでカバーしなければならないので、業務委託よりも事業継続のハードルは高いです。その代わり、ビジネスの仕組みを学んで成功体験を作ることができれば、会社に頼らずとも個人の力で稼ぎ続けることができます。

フリーランスの税金計算と確定申告

フリーランスとして開業届を出して独立したら、個人事業主として税金を計算して支払う必要があります。

そして、その正しい税金額を支払うために必要なのが「確定申告」です。税金や確定申告の仕組みを詳しくみていきましょう。

フリーランスの税金

個人事業主のフリーランスにかかる税金は以下です。

  • 所得税(所得に応じて毎年変動)
  • 住民税(所得に応じて変動)
  • 個人事業税
    (業種によって年間290万円を越えた場合にかかる)
  • 消費税
    (年間売上が1,000万円を越える場合にかかる)

フリーランスの確定申告

個人事業主の確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の収入・経費・所得を国に報告して、税金を支払うための手続きのことです。(法人の場合は計算する期間が異なる)

  • 収入:商品やサービスなどの対価に合わせて受け取る代金
  • 経費:事業を行うために使った費用
  • 控除:年金や健康保険などで支払ったお金
  • 所得:収入から経費と控除を差し引いた額

稼いだお金(収入)から、仕事のために使ったお金(経費)と年金や保険などの支払額を引き算して所得を出して、それを国に報告しましょう。

会社員の場合、給料からすでに税金が引かれているけど、フリーランスの収入は税金が引かれていないこともあるので、年に1回の確定申告で計算してちゃんと精算しましょうね、ということです。

払っていない税金がないか、もしくは払いすぎていないかなどを調べて、払い足りない人は後日送付される納付書に記載の金額を支払います。払いすぎている場合は、還付金としてお金が戻ってくることもあります。

確定申告の「青色申告」と「白色申告」の違い

確定申告には、青色と白色の2種類があります。

  • 青色申告は白色申告よりも帳簿が難しい
  • その代わり青色申告をすると特別な所得控除が受けられる
  • 青色申告では30万円未満の購入物を一度に経費にできる

帳簿は難しいものの、青色申告の方が税金対策面でおすすめです。

青色申告を選ぶ場合、開業届を提出するタイミング、もしくは開業から2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。記入書類は1枚だけ。書き方は税務署の方に聞けば教えてくれますよ。

個人事業主が経費にできるのはどんな買い物?

事業に関係があるものなら、基本的に経費になります。経費になるものを購入した時は、必ず領収書をもらいましょう。領収書の宛名は個人名で大丈夫です。

経費の例
  • 家で仕事をしている方は家賃の何%分
  • 事務所スペースを借りている場合は家賃全額
  • 仕事場に通っている方は電車やバスなどの交通費(ガソリン代も)
  • 仕事の打ち合わせで使ったカフェでの飲食代
  • 仕事で出張した際の交通費や宿泊代
  • 水道光熱費、インターネット通信費 などなど

確定申告をスムーズにするおすすめの会計ソフト

会計ソフトを使って、月々の収入や経費を小まめに入力しておけば、確定申告時に必要な書類が簡単に作成できます。

会計ソフトでできること
  • 毎月の収益の入力・記録
  • 毎月の経費の入力・記録
  • 確定申告時の書類作成
おすすめ会計ソフト比較
①freee ②やよい ③MF
最安価格 9,800円 8,000円 11,760円
無料トライアル 30日間 1年間 1ヶ月間
支払い方法 月払い or 年払い 年払いのみ 月払い or 年払い
サポート メール・チャット 最安のセルフプランはサポート無し メール・チャット
特徴 会計が苦手な方、初心者でも安心の使い心地 自分で調べるからサポートは不要。費用を抑えたい人向け 年間の仕分け登録件数が50件未満なら無料プランあり
  1. クラウド型会計ソフト freee(フリー)
  2. やよいの青色申告オンライン
  3. MF(マネーフォワード)クラウド

フリーランスの年金・保険

会社員からフリーランスになったら、国民年金国民健康保険を国に支払う必要があります。

国民年金は月の固定額を毎月支払う必要があり、国民健康保険は前年の所得に応じて納付額が変動します。

国民年金と国民健康保険以外に、生命保険・医療保険などに加入している方はその分の支払いもしっかり頭に入れて、収支のバランスを考えましょう。

  • 国民年金保険
  • 国民健康保険
  • 生命保険(掛け捨て・積立貯蓄)
  • 医療保険(掛け捨て・積立貯蓄)
  • がん保険(掛け捨て・積立貯蓄)
  • 火災保険
  • 自動車保険

フリーランスの退職金 or 年金になる「小規模企業共済」

タイラミオ
タイラミオ
国民年金だけじゃ老後安心できない!年金・退職金がわりに「小規模企業共済」を利用しましょう。

小規模企業共済とは、フリーランスにありがたい積み立てによる退職金制度のこと。

掛け金は月々1,000円から70,000円までの幅広く、所得に合わせて設定することができ、確定申告の際に全額「所得控除」として認められます。

共済金は、廃業・死亡・老齢(65歳以上で180ヶ月以上支払い済みの場合)時に受け取ることができ、受け取り方法も一括(退職金代わり)か分割(年金代わり)かを選ぶことができます。

受け取りの際には所得税と住民税がかかりますが、税額はかなり低くおさえることができます。

「小規模企業共済」について詳しく知りたい方はコチラ
フリーランスの年金・退職金はどうなる?小規模企業共済でリタイア後をサポート!

フリーランスのクレジットカード

フリーランスとして独立する際に必要なものの一つにクレジットカードがあります。

プライベート用にクレジットカードを持っている、使っている人は多いかと思いますが、プライベート用とは別に事業用のクレジットカードも作っておいた方が良いでしょう。

とは言っても、クレジットカードによっては審査が厳しかったり、特に会社に属していないフリーランスが新しく作るのには難しいクレジット会社もあるので、会社員のうちに作っておくことをおすすめします。

事業用のクレジットカードを作ることで、プライベートな費用と経費を分けて管理しやすくなります。

事業用の銀行口座も開設しておくと良い

クレジットカードの引き落としの際にあると便利なのが、事業用の銀行口座。事業用のクレジットカードと銀行口座を紐づけておくことで、プライベート用と分けて管理しやすくなります。

フリーランスになる準備

ここからは、フリーランスになるための準備についてご紹介します。お金をかけずに、今すぐにでも始められることばかりなので、ぜひ早いうちから考えておきましょう。

Step1:何はともあれまずは自己分析

フリーランスになりたいなら、避けては通れないのが自己分析。

就活の時にも自己分析をしたという人は多いと思いますが、フリーランスとして独立する際にも、自分の強み・好き嫌い・得意苦手などはしっかり把握しておきましょう。

また、フリーランスとして個人で生き残っていくには、自己管理能力がとても大切。体調面でも精神面でも性格面でも、自分のことをしっかり理解して管理ができなければ、フリーランスとして仕事を継続するのは難しいです。

フリーランスになりたいという方は、まずは自己分析に時間をかけましょう。

あなたの強みは何ですか?」「あなたの価値は何ですか?と聞かれた時に、しっかりと答えられますか?これがそのまま、案件の獲得や、商品づくりに繋がっていきます。

正解はないので、ちゃんと答えるということをゴールにしましょう。自信がなくてどうしても答えることができない人は、残念ながら今はフリーランスになるタイミングではないかもしれません。

自分をアピールするための名刺を作ってみよう

自己分析がある程度できたら、オリジナルの名刺を作ってみましょう。フリーランスとして仕事をとる際に名刺は必須!

名前と写真とSNS・連絡先を書いたシンプルなものでいいので作っておくといいでしょう。モットーや肩書きもあるとさらに覚えてもらいやすくていいですね。

名刺作成&印刷は難しいイメージがあるかもしれませんが、ネット印刷サービスの「ラクスル」なら、名刺100部印刷で、送料込みで600円前後と格安。無料のデザインテンプレートもあるので、初めての名刺印刷でも安心・おすすめです。

Step2:イベントに参加して情報収集&仲間づくり

自己分析がある程度できてきたら、外に出て情報収集をしたり、フリーランスとして活動している人に会いにいきましょう。

SNSやネット検索で、フリーランスに関するイベントやセミナーを探すことができます。

地域によってはどうしても数が少ないかもしれないですが、少し遠出をしてでも思い切って出会いの場に参加するのはとても大切。思わぬ情報や、フリーランスとしての仕事のチャンスが舞い込むことも十分あり得ます。

この時に、しっかりと自己紹介をして名刺を渡して覚えてもらえたら嬉しいですよね。

私が住んでいる沖縄県では、いくつかのコワーキングスペースで定期的にフリーランス関係のイベントを開催しています。

沖縄でフリーランスに出会える場所(イベントあり)
沖縄のコワーキングスペース10選|ノマドワーカー必見!

Step3:学んで実践してスキルアップ

フリーランスとして稼ぐためには、自分の強みにできる分野のことをとことん勉強して、実践してスキルアップをし続ける必要があります。

自分の商品・サービスに直結する内容であれば、惜しみなくお金をかけて講座やセミナーを受けましょう。

住んでいる地域によって、直接講座が受けられない場合は、オンラインを上手く使って学習しましょう。

Step4:スキルや経験を活かした商品づくり

自己分析をして、名刺も完成、イベントに参加して、フリーランス繋がりも少しずつできてきた、オンライン講座で知識もついてきた。学ぶのがおもしろくなってきた!

ここまで来たら、自分の強みや知識をいかして、挑戦したい仕事を絞り込んだり、自分のオリジナル商品を作っていきましょう。

完璧な商品や仕事を目指す必要はありません。自分ができることで、世の中の役に立つことは何かを考えて、小さいこと、実現できることから始めていくといいでしょう。

Step5:SNSやブログでの発信

自分が売り出したいもの、伝えたいことが決まってきたら、SNSやブログを上手く使って発信していきましょう。

夢や目標は口に出して言った方が叶いやすいと言われていますよね。「こんなことをやりたい」「こんな想いで活動している」ということを、どんどん発信しましょう。

SNSやネット検索を通じて、思わぬところから仕事のチャンスや良い出会いがあるかもしれません。

「集客ブログの考え方&書き方がわかる基礎講座」やってます

\本気のブログ構築の入口!/
SEOの基礎も学べる!
集客ブログの考え方&書き方講座


■集客ブログには何を書く?
■ブログのネタはどうやって探す?
■ブログから集客につなぐ仕掛けとは?


《講座の詳細はコチラ》

フリーランスの集客事情|成功者は〇〇を活用している

フリーランスとしてスタートを切った後、誰もが一度はぶち当たるのが「集客」の壁。企業でさえも集客・宣伝に苦労しているわけですから、個人ならなおさら難しいですよね。

でも、一方で個人でも集客に成功しているフリーランスはたくさんいて、その成功者たちに共通しているのが、インターネット集客を活用しているということ。

フリーランスとして継続して仕事をとっていくためには、インターネット集客の仕組みを理解して活用していきましょう。

インターネット集客が成功のカギ!

一言に「インターネット集客」と言っても、具体的にどんな仕組みでどんなツールを使ってどんな方法で集客するのか、よくわからないという方がたくさんいます。

私たちに馴染み深いSNS・ブログ・ホームページ・メルマガ・オンライン講座などは、インターネット集客の部分的なツールに過ぎません。

それぞれの役割を理解したり、集客のゴールへの導線を作ることで、押し売り営業や、セールスに時間を費やさなくても、効率的に集客ができるようになるのです。

\まずはここから!/
インターネット集客の仕組みの
基礎がわかる《無料》講座


■SNSどうやって使い分ける?
■ブログやホームページの役割って?
■メルマガ・LINE@の活用法は?


《講座の詳細はコチラ》

ホームページを作成しよう

自分のビジネスを立ち上げたなら、作成しておきたいのがホームページです。

自分のことを信用してもらい、商品・サービス・仕事に結びつけたいなら、インターネット上にホームページという名前の「家」を作っておくと、それがネット集客の基盤になっていきます。

とは言ってもホームページを自分で作るのか、制作業者に頼むのか、いくらくらいが相場なのか、作っても本当に集客につながるのかなど、不安なことも多いと思います。

ホームページ作成を検討する際は、ぜひ最初に情報収集して、作成講座や制作業者を比べてみましょう。ララクリップでも、フリーランスのホームページ集客に関するお役立ち記事と、「集客ホームページ作成講座」を提供しているので、参考にしてみてください。

\本気のインターネット集客!/
ホームページ・ブログ・LPを一元管理!
フリーランスのためのWebメディア構築塾


■ワードプレスを使ったホームページ作成
■ブログで自動集客を目指す仕組みづくり
■ウェブマーケティングの基礎から学べる


《コースの詳細はコチラ》

ウェブマーケティングを学ぼう

インターネット集客の仕組みを理解して、ホームページを作成して活用していく中で、こちらも避けては通れないのがウェブマーケティングの壁。

マーケターと呼ばれるほど、プロになる必要はないですが、自分でビジネスを行う以上、基礎知識としてウェブマーケティングを学ぶことは非常に大切かつ効果的です。

ララクリップではフリーランスに役立つウェブマーケティングの基礎知識を役立ち記事にまとめているので参考にしてみてください。

まとめ:フリーランスの働き方を理解して第一歩を踏み出そう

以上、今回はフリーランスについて基礎から応用までまとめてご紹介しました。

  1. フリーランスとは|言葉の意味も
  2. フリーランスになるには|始め方
  3. フリーランスの仕事の職種と働き方あれこれ
  4. フリーランスの確定申告と税金計算
  5. フリーランスの年金・保険
  6. フリーランスのクレジットカード
  7. フリーランスになる準備
  8. フリーランスの集客事情|成功者は〇〇を活用している

関連記事も合わせて、ぜひ参考にしてみてください!

LINEでララクリップと繋がってもいいよという心優しいあなたへ
ミオ
ミオ
定期的にフリーランスに役立つ情報や講座のお知らせなどを発信するので、広告などのLINEメッセージが毎日大量に来ることはありません。ご安心ください^^

■個別メッセージでやりとり簡単
■フリーランス向けの講座・イベント情報
■LINEお友だち限定キャンペーンあり

お友だち
登録ボタン

スポンサーリンク