フリーランスのホームページ

ロリポップサーバー利用のワードプレスサイトで403エラーが表示された時の対処法

ワードプレスで作業をしていたら、突然403エラーが出てしまった!

403 Error
現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。

このようなエラーページが出てしまった場合は、ロリポップサーバーの管理画面上で対処をする必要があります。難しい作業ではないので、落ち着いて試してみましょう。

スポンサードリンク

ロリポップサーバーにログイン

ロリポップサーバーの公式サイトの右上に【ログイン】メニューがあるので、その中からユーザー専用ページにログインします。

対処法1:WAF設定を一時的に無効にする

ユーザー専用ページにログインできたら、セキュリティメニューの中から【WAF設定】を選びます。

お使いのドメインの設定状態をチェックして、有効になっている場合は、一時的に【無効】に変更しましょう。

設定変更の【無効にする】ボタンをクリックすればOKです。

設定変更後、反映までに5〜10分ほどかかります。すぐにエラーが解決しなくても焦らずに待ちましょう。

WAF設定とは?

WAFとは不正アクセス防止のための機能です。

たまにワードプレスで編集作業を行っていると、WAF設定の影響で403エラーが出てしまうことがあるようです。

プラグイン設定を行っているときや、ワードプレス内の構成の変更、私はメニューを修正している時に突然403エラーが起きました。

この場合、一時的にWAF設定を無効にして、作業を続けましょう。

しかし、無効にしたままだとセキュリティ面で安心できないので、作業が終わったら必ず【有効】に戻しておきましょう

スポンサードリンク

対処法2:海外アタックガードを一時的に無効にする

WAF設定を無効にしてもエラーが消えない場合は、同じくロリポップのセキュリティメニューから【海外アタックガード】を確認しましょう。

こちらも同じく【ガード有効】になっているものを、一時的に【無効】にして作業を続け、作業が終わったら必ず【ガード有効】に戻しておきましょう。

海外アタックガードとは?

海外アタックガードは、海外IPアドレスからの特定のアクセスを制限し、サイト乗っ取りなどの不正アクセスを防止する機能です。

日本のパソコンから作業していても、たまにエラーが起こるようです。

WAF設定を無効にしてもまだエラーが続くようなら、こちらも無効にして試してみましょう。

まとめ

以上、今回はロリポップサーバーを使ってワードプレスのサイトを作っていく中で、以下のような403エラーが出た時の対処法をご紹介しました。

チェック項目と注意点
  1. ロリポップサーバーにログインする
  2. WAF設定を一時的に無効にする
    (反映に5〜10分かかる)
  3. 海外アタックガードを一時的に無効にする
  4. 作業が終わったら【有効】に戻しておく

エラー時の参考にしてみてください!

ホームページ作成サポート

ホームページを作って、サービスの宣伝・集客をしたいけど・・・

「ウェブがとにかく苦手」
「一人でできる気がしない」

「大人数の講座でついていけない」
「業者に頼むほど予算に余裕がない」

こんな悩みを抱えていませんか?

ララクリップのサービスは
フリーランスに特化したホームページ制作

会社のように、ホームページ制作費や、広告・宣伝費に数十万円も数百万円もかけられない・・・。そんなフリーランスの方にターゲットを絞ってサービスを展開しています。

\他社に負けない5つの魅力/

ワードプレス講座付き
3ヶ月間で制作&カスタマイズレクチャー
作成後の運営アドバイスあり
個人経営ならではの低価格
嬉しい16もの特典付き

\今だけモニター価格/
3ヶ月パックで15万円