フリーランスのブログ活用

フリーランスの集客ブログの作り方|ビジネスモデルはフリーペーパー

個人でビジネスをしていて、インターネットで効果的に集客に繋げたい、そんなフリーランス・個人起業家におすすめなのがブログです。

でもいったいどんなブログを作れば、ビジネスの広告や集客に結びつくのでしょうか?

今回の記事では、高い広告費をかけられない個人ビジネスにとってコスパ最強のブログの作り方について。フリーペーパーのビジネスモデルを例にご紹介していきます。

音声で聞きたい方はこちら!

フリーペーパーのビジネスモデルとは

特定のテーマに関しての情報記事などを印刷して無料で配布するフリーペーパー。誰もが一度は手にとって見たことがあるでしょう。

フリーペーパーはどうして無料なの?

では、どうしてフリーペーパーは無料で発行、配布できているのかわかりますか?
それは、フリーペーパーの中に広告枠を設けて、広告を貼りたい企業やサービスが広告費をフリーペーパー制作側に支払っているからです。

制作側と広告主の間でお金が発生しているから、フリーペーパーを読む人からお金を取る必要がないのです。

あなた自身が制作者&広告主になる

このフリーペーパーのビジネスモデルを使ってブログを作りましょう。
制作者と広告主があなた一人となるので、広告費をかけることなく、自分のサービスの宣伝ができるのです。

フリーペーパー型のブログの作り方

早速フリーペーパーを参考にブログを作っていきましょう。

あなたのサービスの顧客ターゲットにとって興味がある情報や知識を記事にする

まずは、ブログの内容です。広告主の企業がフリーペーパー制作者にお金を払うのは、企業の顧客層にマッチする人たちがそのフリーペーパーを愛読しているから。

つまり、フリーペーパーに記載する内容(=ブログ記事の内容)は、広告主のサービスの顧客層が喜ぶ内容でなければ意味がありません。

制作者=広告主のフリーランスのブログの場合は非常にシンプルですよね。あなたの商品のお客さんになってほしい人が喜ぶ情報を記事にまとめてどんどん公開していきましょう。

各ブログ記事にあなたの広告を貼る

ブログ記事を書いたら、その記事の最後に必ずあなたの商品やサービスに関連する広告を入れましょう。

ただし注意点として、ブログ記事を読んだ人は必ずしもあなたの商品を買いたいというわけではないということ。

いきなり購入を促すセールス広告を貼るのではなく、まずは読者がアクションを起こしやすい資料請求や無料相談、LINE友だち登録などの広告を貼るのがおすすめです。

ブログ記事は継続的にたくさん増やしていく

フリーペーパーにファンがつく大きな理由は、継続的に定期発行しているから。

つまり5〜6記事だけ書いて終わりではなく、週1回でもいいのでブログを書いて継続的に情報を発信し続けていきましょう。

コツコツ地道な発信ですが、1記事1記事が蓄積されていくことで、どんどんボリュームのあるブログメディアが出来上がっていくのです。

ブログ記事はSNSでシェアしたりSEO対策をするのが効率的!

いざフリーペーパー形式のブログを作り始めても広告・集客の効果を出すには時間がかかります。

作ったばかりのブログを読んでもらうためには、SNSなどの人が集まっているところで記事をシェアしたり(そのためにはフォロワーを増やすことも大事)、インターネット検索で見つけてもらうためのSEO(検索エンジン最適化)対策を行うことで、0からブログを広めるよりも効率的です。

まとめ:フリーペーパー型ブログはコアなファンをつくれるコスパ最強ツール!

今回はフリーペーパーのビジネスモデルを例に、集客ブログの作り方をご紹介しました。

個人でがんばっているフリーランス・起業家にとって、広告費をかけずに集客やファン作りができたらとてもありがたいですよね。

ブログ集客は時間がかかります。でも、記事を書いてブログ内に情報を蓄積していけば、ブログ1記事1記事が、あなた自身やあなたの商品を知るきっかけになってくれるのです。

お金を払い続ける広告に比べたら、広告掲載料をかけずに長期的にファン作りや集客につながるのでコスパは最強だと言えるでしょう。

個人経営フリーランスのためのホームページの育て方【無料】動画講座

ホームページ作成に関するお問い合わせや相談を数多くいただき「ホームページで失敗してほしくない」「後悔してほしくない」との想いから、作成前に知っておきたいことをまとめた無料の動画講座を作りました。

フリーランスや個人起業家がホームページを活用することに、少しでも価値を感じてもらえたら嬉しいです♪

***

スポンサーリンク