フリーランスのマーケティング

3C分析とバリュープロポジション|売れる商品・サービスを作るための考え方

タイラミオ
タイラミオ
私たち個人起業家・フリーランスが知っておきたいマーケティング基礎知識をわかりやすく解説!

今回の記事では、個人でがんばるフリーランス・起業家が「売れる」商品やサービスを作るために覚えておきたい、マーケティングの基本【3C分析】と【バリュープロポジション】についてご紹介したいと思います。

マーケティングの3Cとは

まず最初に、マーケティングの3Cについて見ていきましょう。

  • Company:自分・自社
  • Customer:顧客
  • Competitor:ライバル・他社

「Campany」は、自社・自分の商品を意味し、自分が提供できるもの(自社商品・サービス)を表します。

「Customer」は顧客の意味、お客様が求めているもの(需要)を表します。

最後の「Competitor」はライバル・競合他社の意味。ライバルが提供していること、提供できることを表します。

3C分析から見えてくるバリュープロポジション

マーケティングの3Cを理解した上で、私たちフリーランス・個人起業家が考えるべき「バリュープロポジション」について知っておきましょう。

「バリュープロポジション」とは上のイラストでも示してあるように、顧客が望んでいて(需要がある)、競合他社には提供できない(真似できない)、自分だからこそ提供できるもののこと。

顧客が感じる価値をしっかり理解して、ライバルができないことを取り入れてみることによって、必要とされるオリジナル商品を持つことができ、競合他社と戦わずして勝つことができるという強みがあります。

まずは自分の強み・個性から考えてみよう

「3C分析」から「バリュープロポジション」を考える、設定する方法は複数ありますが、3C分析をする手順としては、自社・自分の強みや個性から考えるのがおすすめです。

①自分が提供できるもの・価値を考える
(自己分析)

②お客さんが求めていることを考える
(世の中の需要)

③競合他社が提供していることを考える
(ライバルチェック)

最初はとにかくたくさんアイディアを出していくのが良いでしょう。

特に自分がこだわっていること、これは誰にも負けないくらい好き、夢中になってできる、そんなことを考える自己分析は、商品づくりにとても大切です。

この機に、とことん自分と向き合って考え、そこからお客様に求められていることや、同じようなことをやっているライバルの状況などをチェックしていきましょう。

まとめ

以上、今回の記事では自分の商品を効率よく売るために、競合他社と真っ向から戦わずに勝つ方法として、3C分析とバリュープロポジションについてご紹介しました。

  1. マーケティングの3Cとは
  2. 3C分析から見えてくるバリュープロポジション
  3. まずは自分の強み・個性から考えてみよう

個人でがんばるフリーランスや起業家のお役に立てば嬉しいです!

この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ

スポンサーリンク