フリーランスWeb集客

フリーランスなら会員制サイトを作ろう!特徴・強み・作り方まとめ

フリーランスでビジネスを展開する方の中でも、特に自分の講座やセミナーなどを開催している方に知ってもらいたいのが会員制サイトの存在です。

今回は、フリーランスにおすすめしたい、会員制サイトの作成&運営について。

「会員制サイト」とは何か?作成・運営することの強みは?肝心の作り方などをまとめてご紹介します。

会員制サイトとは?

「会員制サイト」とは、簡単に言うと会員になった人だけが記事やページを見ることができるサイト・ホームページのことです。

基本的には無料もしくは有料で会員登録をしてもらって、ユーザー名やパスワードを使って会員サイト内に入るというシステムです。

  • ショッピングサイトで無料登録をしたら買い物ができる
  • 無料登録をすると記事が読めるニュースアプリ
  • 有料登録をすると動画教材を見ることができるサイト

無料/有料でメールアドレスなどを登録する(月額料金等を支払う)ことで、コンテンツ(記事・画像・動画など)を見られるサイト全般を指します。

会員サイトの実用例
  • 無料会員登録をしてくれたら限定ページを見ることができる
  • 有料会員登録をしたら、アクセスできるページが増える
  • 有料セミナーに申し込んでくれた方にメールでパスワードを教える
  • 月額会員になってくれた方にメールでパスワードを教える
  • 講座の受講生限定でメールでパスワードを教える

パスワードでロックをかける場合、ページにアクセスする際にパスワード入力画面が出るので、パスワードを知っている人だけが入力してページに入れるという仕組みです。

フリーランスが会員制サイトを作る意味・強みとは

冒頭でも説明しましたが、フリーランスの中でも特に講座・セミナーなどで人に何かを教えている方にとって、会員サイトは非常に強みになります。

①会員限定の特典にできる

セミナーや講座に申し込み・受講してくれた会員様限定の特典として売り出すことができます。

一般公開していない有益な情報を、申し込み/受講特典として限定公開すれば、会員になった方に得した気分になってもらえるでしょう。

②会員との交流の場を作れる

講座やセミナーの講師と会員様との交流の場としても会員サイトを使うことができます。

例えば、通常のホームページやブログでは発信せずに会員限定で参加者を募集して特別イベントを開催したり、会員限定で交流会をするなど、オンラインサロンのような場を作ることができます。

③オンライン教材の公開場所になる
  • 講座で使った教材を会員サイト限定でダウンロードできるようにする
  • ソフトの使い方マニュアルを会員サイト限定で全公開する
  • 講座やセミナーの様子を動画に録画して会員サイトで何度も見返すことができるようにする

オンライン教材として会員サイト内に動画などのデータをストックしておけば、講師側も手間をかけずに教材を公開しておくことができます。

会員サイトを持っておくことで、会員の方への申し込み特典にしたり、他社と比較した際の強みにもなるでしょう。会員様に特別感を持ってもらい、より親近感のある関係性が築けるでしょう。

スポンサードリンク

会員制サイトの作り方

では一体どうやって会員サイトを作成すれば良いのでしょうか。会員制サイトを作る方法はたくさんありますが、今回は「ワードプレス(WordPress)」というソフトを使って作る方法をご紹介します。

ちなみにワードプレスを使ってサイトを作るためには、ドメインとサーバーの契約が必要になるので、月額1,000円弱の費用がかかります。

①独自ドメインとサーバーを契約する

まず最初にワードプレスをインストールするためのレンタルサーバーと、サイトのオリジナルの住所を作るために独自ドメインを取得する必要があります。

\ドメイン・サーバーって何?/

レンタルサーバーと独自ドメインとは?初心者向けに動画付きで説明します自分のホームページ・ウェブサイトをつくる上で、避けては通れないのが、ドメインとサーバー。 特に自分のビジネスの名刺代わりになるホー...

ここでは、コスパが良いと評判のロリポップサーバーとムームードメインを契約・取得してワードプレスをインストールする場合の手順をご紹介します。

\図解付きの記事はコチラ/

ムームードメインとロリポップサーバーを使ったワードプレスのインストール手順【図解付き】リーズナブルにワードプレスのサイトを立ち上げたい方におすすめ! 格安ドメイン取得サービス『ムームードメイン』を取得して、レンタルサ...

②ワードプレスでサイトを作る

ワードプレスをインストールしたら、早速会員制のサイトを作りましょう。

会員制サイトはデザイン性重視というよりも、見やすさ、ページの見つけやすさ重視でデザインテンプレートを選ぶのがおすすめです。

③ワードプレスのプラグインをインストール&設定

動画やテキスト教材などをアップロードしたサイトがある程度完成したら、会員にしか見られないようにパスワードロックをかけます。

サイト全体にパスワードをかける場合

シンプルにサイト全体にパスワードをかけて、パスワードを知っている人だけがアクセスできるような設定をします。

「Password Protected」というプラグインを使えば、サイトにアクセスする際にパスワード入力画面を表示させることができます。

会員登録ページを作り、会員の階級ごとにアクセスできるページを分ける場合

こちらは会員登録画面や、会員ごとに階級を分けて、階級ごとに見ることができるページを細かく分けることができるプラグインです。

サイトの中の一部のページやコンテンツを限定公開にしたい時におすすめです。

まとめ:会員制サイトは教材のストック場所

以上、今回は会員制サイトについてご紹介しました。

会員制サイトは、教材をストックしておける場所とイメージしておきましょう。

セミナーの動画や、講座で使った資料を限定公開することで、会員様にとっても便利であるし、講師側にとっても教材をわざわざ個人宛に配る必要がないので、手間がかかりません。

会員サイトの構築ができるサービスはたくさんありますが、個人的にはワードプレスでの会員サイト構築が便利でおすすめです。

会員サイトを作ってみたいけど、設定などの手間を省きたい!という方は「ララクリップ」でもサポートを行っております。お気軽にLINE等からお問い合わせください✨

この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ

スポンサーリンク