フリーランスWeb集客

オウンドメディアの成功率は低い?失敗する3つの決定的な理由とは

沖縄でがんばるフリーランスの応援人・タイラミオ(@miolalaclip)です。

読者にとって役立つ記事やページを配信する「オウンドメディア」。

最近では、個人ビジネスのフリーランスもオウンドメディア(ウェブマガジン)を積極的に運営しています。

オウンドメディアの活用例
  1. 読者にとって有益な情報やノウハウをまとめた記事を書く
  2. 良質な記事は検索結果の上位に表示されて人が集まる
  3. 記事の中で自社サービスの紹介やメルマガ登録の促しなどを行う
  4. 読者が気に入って信頼してくれたらお客さんになってくれる
  5. ブランディング・集客・宣伝が効果的にできる

しかし、オウンドメディアをちゃんと作り込んで、ビジネスとして活用するところまでできている人はそんなに多くないのが現実です。

今回の記事ではオウンドメディアの活用に失敗する3つの理由をご紹介します。

もちろん分析するともっと複雑な要因がたくさんありますが、初めてオウンドメディアを作る方はまずこの3つの失敗例をおさえておきましょう。

【1】読者の役に立たない記事ばかり

オウンドメディアでは、読者(ユーザー)にとって有益な情報を伝えて、何らかのアクションを起こしてもらうことを目的に作ります。

読者にとって役に立たない記事や、日記のような自己満記事は評価が低く、人が集まることもありません。

記事を読んだ読者に「この記事わかりやすかったな」「知りたかったことが理解できた」「情報量が多くて信頼できる」と思ってもらい、その結果として以下のような行動をしてもらえるのがベストと言えるでしょう。

  • 自分の商品・サービスを知ってもらい購入してもらう
  • セミナーや講座に申し込んでもらう
  • LINE@やメルマガに登録してもらう

記事の内容は、自分の商品やサービスを利用するであろう顧客像(ターゲット・ペルソナ)にとって役に立つ内容を意識しましょう。

【2】ページ(記事)の量が増えるまで継続できない

どんなに良質な記事を書いても、それが5記事や10記事では全く効果はありません

少なくとも50記事、できれば100記事達成するまでは継続して発信・更新をするようにしましょう。

自分のサービスの顧客像の身になって「こんな情報があったらいいのに」「こんなことを教えてもらえたら嬉しい」「こんな内容の記事があったら信頼できる」などとにかくネタをたくさん出しましょう。

記事のネタがないという言い訳をしている人へ。それはありえない、と断言できます。

ブログネタとなるキーワードの探し方は以下の記事を参考にどうぞ。

【SEOブログ集客】検索キーワードを理解すればネタは無限大!ブログも始めてみたけど、結局ブログに何を書いていいのかわからない。 毎日書いているけど、アクセス数も伸びないし、お問い合わせも来ない。...

【3】自社商品を宣伝したいのが見え見え

最後に、オウンドメディアはあくまでも「読者ファースト」です。

単純に自分の商品やサービスを売るためではなく、情報やノウハウをひたすら与え続け、その結果、読者(お客さんになってくれるかもしれない人)の興味や信頼を獲得できる場所なのです。

自社サービスに関するゴテゴテのセールスページや、自社商品を売るためだけに書かれたような記事は、読者に嫌われてしまうだけ

すぐに見返りが期待できなくてもひたむきに役立つ情報を発信していく、そうすることで着実にファンがつき、強い信頼を持って商品やサービスを購入してくれるようになるのです。

まとめ:「読者(=お客さん)のため」に尽くしたら、自然と自分にも返ってくる

以上、オウンドメディアの活用に失敗する3つの例をご紹介しました。

基本的なスタンスとしては「読者のため」「読者ファースト」を忘れずに、コンテンツの配信を続けることが大事だと思います。

まずは見返りを求めずに読者のための発信を続けて、「この人なら信頼できそう」「お客さんのこと大事にしてくれそう」と思ってもらえたら大成功。

信頼してくれる人が増えれば増えるほど、良質なお客さんが増えて、自分で営業をかけなくても勝手にお客さんが集まってくるようになるでしょう。

失敗例を参考にしながら、オウンドメディア運営がんばりましょう!

ミオ
ミオ
ララクリップでは、オウンドメディアの制作から運営までマンツーマンでしっかりサポート✨失敗はさせません!
この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ

スポンサーリンク