フリーランスのワードプレス

ワードプレス利用者必見!ホームページ作成時にあると便利なプラグイン7選

ワードプレスを利用する際に、知っておきたいのが「プラグイン」の存在。

プラグインとは、ワードプレスの基礎(初期)から必要に応じて付け加えられる拡張機能のこと。スマホで例えると、初期の最低限の機能に便利アプリをインストールしていくイメージです。

ワードプレスをカスタマイズしていく上で、便利なプラグイン利用は欠かせませんが、インストールしすぎても不具合の原因に。

今回は、ホームページを自作するフリーランスの方におすすめの便利なプラグインを7つピックアップしてご紹介したいと思います。

\初期に必須で入れておきたいプラグイン7つはコチラ/

ワードプレス初心者必見!初期でインストール必須のおすすめプラグイン7選ワードプレスを利用する際に、知っておきたいのが「プラグイン」の存在。 プラグインとは、ワードプレスの基礎(初期)から必要に応じて付...
スポンサードリンク

【1】Page Builder by SiteOrigin

役割 視覚的にWebページのデザインを作成できるプラグイン
説明 サイト構築を簡単にしてくれる、ドラッグ & ドロップ方式のレスポンシブページビルダー。ウェブページを作る時に、画像や文章の位置が視覚的にわかり、初心者でもページ全体をデザインしやすくなるプラグインです。
タブレットやスマホ表示にも対応しています。

ページビルダーをインストールすると、投稿ページや固定ページの編集ツールの右上に「ページビルダー」というタブが表示されます。

これをクリックするとページビルダーでの編集が可能になります。

図のようにウェブページに枠組みを作って画像や文章の配置を視覚的にわかりやすくデザインすることができます。

しかし、これだけではただのフレームだけになってしまうので、【2】で紹介するSiteOrigin Widgets Bundleを合わせて使いましょう。

詳しい使い方は個別記事を参照してみてください。

【ワードプレス】初心者におすすめのページ作成プラグイン『ページビルダー』の特徴&使い方ワードプレスの大きな特徴といえば、プラグインの存在。 プラグインとは基本的なワードプレスのシステムをより使いやすくするための拡張機...

【2】SiteOrigin Widgets Bundle

役割 Page Builder by SiteOriginとセットで使われるプラグイン
説明 Page Builder by SiteOriginでWebページデザインのフレームを作り、Widgets Bundleで中身(コンテンツ)を作ります。

SiteOrigin Page Builderと一緒に『Widgets Bundle』もインストールして使いましょう。

図のように、フレームの中にコンテンツ(画像や文章)を入れるための役割を果たしています。

スポンサードリンク

【3】Elementer

役割 フロントエンド・ドラッグ & ドロップ・ページビルダー
説明 サイトのトップページやランディングページ(LP)を作るのに役立つページビルダーのプラグイン。
視覚的にカスタマイズしやすく、HTMLなどの知識がなくてもページデザインができます。
タブレットやスマホでもきれいに表示されます。

【1】で紹介した『Page Builder by SiteOrigin』と同じく、ウェブページが簡単にデザインできるページビルダーのプラグインです。

『Page Builder by SiteOrigin』よりも、視覚的にわかりやすいので初心者向けです。

画像やテキストだけでなく、動画やボタン、Googleマップなどの機能をページに挿入することができます。

【4】WordPress Calls To Action

役割 ユーザーのアクションを誘導するCTAが設置できるプラグイン
説明 CTAを作成するのはもちろん、記事ごとに細かくCTAを変えることができたり、ABテストができたりと有能&有名なCTAプラグイン。

Call To Action(CTAと略して呼ぶことが多い)とは、ユーザーに期待する行動をとってもらうための要素のこと。

例えば、ブログ記事の一番下にメニューページのリンクを貼ったり、問い合わせリンクを貼ることで、記事を読んで興味を持ってくれた方が、サービスを利用してくれたり、商品を買ってくれるように促す仕組みのことを言います。

スポンサードリンク

【5】Table of Contents Plus

役割 自動的に目次を生成するプラグイン
説明 記事内の見出しタグ(h2やh3など)を使って目次が作られます。

図のように、ブログ記事の中に目次を作ることができます。目次に表示されるのはh2やh3のような見出しタグを設定することができます。

目次を作っておくことで、全て読まずに必要な見出しまで飛ばし読みができるので、読者への配慮にもなるでしょう。

【6】Easy FancyBox

役割 メディアリンクを設定すると画像がクリックで拡大するプラグイン
説明 インストールするだけ、設定いらず!メディアリンクを設定した画像をクリックするとアップロード時のサイズの画像がポップアップ式で表示されます。

画像をクリックすると、拡大するプラグイン。必須ではありませんが、あると便利です。

小さいロゴマークや縦長で文字が見づらい画像などに使うと効果的です。

詳しい利用方法は個別記事を参照してみてください。

クリックすると画像が拡大!ワードプレスのプラグイン「Easy FancyBox」の使い方ブログ記事の中に挿入されている画像が小さくて見づらい・・・ でもアップロード時のサイズだと記事全体のデザインが崩れちゃう・・・ ...
スポンサードリンク

【7】Classic Editor

役割 WordPress の旧エディターを有効化するプラグイン
説明 WordPress の旧エディターと、TinyMCE、メタボックスなどを含む以前のスタイルの投稿編集画面レイアウトを有効化するプラグイン。

WordPressの最新バージョンに標準搭載されている「Gutenberg」という新エディターから、以前の旧エディターに戻すためのプラグインです。

ワードプレス自体は最新バージョンになっていますが、エディターのみ旧バージョンを利用しているということになります。

「Classic Editor」のプラグインを入れている限り、旧エディターを使い続けることができます。

WordPressを更新したら編集画面が変わっちゃった!エディターを元に戻せるプラグイン紹介ワードプレスは、機能改善・バグの修正・セキュリティ対策などの関係で、定期的に最新版に更新する必要があります。 ワードプレスを新しい...
この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ