フリーランスLife

名刺やチラシに入れて便利!見た目もカワイイQRコードが作成できるおすすめサイト

スマホを持っている方なら、一度はQRコードを目にしたこと、使ったことがあるのでは?

QRとはQuick Responseの省略で、高速読み取りができるように開発されたコードのことです。

La La CLiPでも、クリップの画像を入れてQRコードを作成し、名刺に入れて使っています。

名刺をもらって、サービスを見せたいという時にQRコードがあれば、検索不要ですぐにサイトやSNSを見つけてもらえますよね。

WEBサイトだけでなく、FacebookやInstagramの自分のページに誘導するときに使うこともできます。

LINEやLINE@の友達申請用のURLに飛ばすこともできます。とても便利ですよね^^

QRコードリーダーは、無料のアプリでダウンロードできますが、オリジナルのQRコードを作るにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、QRコード作成におすすめのサイト『QRのススメ』をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】『QRのススメ』サイトのQRコード作成ページへ!

まずは、QRコードアイコンの作成ページを開きます。

特別アプリやソフトをインストールする必要はなく、サイトにアクセスするだけです。

【2】自分のサイト / Facebook / Instagram / LINEのURLを入力

http~から入力します。デフォルトでは、http://になっているので、https://で始まるサイトをお持ちの方は、書き換えるのを忘れずに!

各SNSページのURLの探し方

QRコードを作りたい各SNSページを開いて、インターネットブラウザの上部にあるURLをhttps://から全てコピーします。

Facebookページ

Instagram

Twitter

スポンサードリンク

【3】デザインとアイコンを選ぶ

ここからは、手順の通りに好みのデザインを選ぶだけ。簡単です♪

ベース

QRコードの四隅の四角の形と、黒白のパターンをのデザインを変えることができます。

  • プレーン・・・シンプルな四角
  • 丸っぽい・・・若干角が丸くなります
  • アニマル・・・アニマル柄になるようですが、実際あまり大きな変化はありません

ドット色

現在黒白になっているQRコードのボディ部分のカラーです。

サイトやビジネスの雰囲気に合わせて変えることができますが、コードを読み込みやすくするためにも濃い色がおすすめです。

※ちなみに、カラーコード(#000000←こんなやつ)はHTML-Color-Codesここのサイトで調べることができます。

装飾の選択

QRコードの真ん中に入れるデザインを選びます。

イラスト、アイコン、文字入れ・ファビコン(サイトのシンボルマーク)から選ぶことができます。

既存のイラストやアイコンだけでも種類がかなり豊富なので、気に入るものが見つかるでしょう。

試しに丸っこいベースに、ハートのアイコンにしてみたらこんな感じです。可愛いです^^

アイコンにするとアイコンの色も自由に選ぶことができます。

プレビューを見ながらデザイン確認をします。サイズも①小さい②自動(普通)③大きい④さらに大きいの4種類から選べます。

【4】読み取り確認→ダウンロード

最後に、自分のスマホのQRコードリーダーを使ってパソコン上で作成したQRコードを読み取ってみましょう。

正しく自分のサイトに飛べば確認OKです。

読み取り確認ができたらダウンロードボタンを押します。ご自身のパソコンのダウンロードフォルダに保存されます。

スポンサードリンク

実際につくってみました♡

WEBサイト、Facebookページ、Instagram、LINE@のそれぞれのURLに飛ぶQRコードが完成しました♪

とっても簡単です!

こんな感じでチラシの中に組み込んでも便利ですよね^^

是非、あなたのビジネス・サービスを広げるための参考にしてみて下さい!

 

無料オンライン勉強会やってます♪
フリーランス・個人起業家の方を対象に、SNSやブログなどウェブツールの役割と活用術を無料のオンライン勉強会でお伝えします。

勉強会に参加する

フリーランスに嬉しい情報が届く♪

お問い合わせはLINEが簡単&便利♪

このブログを書いているのは私です!

タイラミオ

関東から海外を経て2016年に沖縄に移住した30歳。脳内は♂寄りの♀。
会社に所属して3年以上働けない社会不適合者のひとり。
自分の経験やスキルをいかしてお金を生み出すフリーランスとして奮闘中!
沖縄でがんばっているフリーランス女性を応援しています*

プロフィール