フリーランスのホームページ

初心者でも安心!私がワードプレス用に使っているおすすめレンタルサーバー2つ

自分のビジネスをもっとたくさんの人に知ってもらうため、ウェブサイトの作成を決めた!

特に今多くの個人や企業が使っているWordpress(ワードプレス)でサイトを作りたいけど、サイトの基盤を作るレンタルサーバーはどこの会社のを使うのが良いのでしょう?

レンタルサーバーの相場は?月々のレンタル料はいくら?ワードプレスとの相性は?

と、いろいろ疑問が出てくるのではないでしょうか。

今回は、ワードプレス使用歴3年以上、12個のワードプレスサイトを管理している私がおすすめする、ワードプレスと相性の良くて使いやすいレンタルサーバーを2つご紹介します。

スポンサードリンク

【1】レンタルサーバーの相場

レンタルサーバーの会社は、料金もサービスもピンキリで無料・100円と格安のものもあれば、月1,000〜2,000円ほどの有料サーバーも。

「無料サーバーはダメ?」

なるべくお金をかけたくないという方もいるかもしれませんが、フリーランスの方が自分のビジネス用のサイトを立ち上げるなら、間違いなく有料サーバーをおすすめします。

というのも、無料のレンタルサーバーの場合・・・

  • 容量が少なくて画像や動画を載せるとやたら重くなる
  • アクセス数が増えすぎるとページが表示されなくなる
  • 規則がやけに厳しい、カスタマイズできない

などなど、せっかくの自分のビジネスを上手くアピールすることができません。

◆相場は月額500〜1,000円

料金の相場はだいたい1ヶ月500〜1,000円前後で、年額で6,000〜12,000円くらいが妥当でしょう。

月500〜1,000円なら維持費として十分安いですよね。ここはケチケチせずに使いましょう。

レンタルサーバーの月額の最低ラインは500円ですね。500円を下回るものは、上で説明したようにビジネスをアピールするサイトとしては上手く機能しない可能性があります。

逆に2,000円を超えるサーバーはちょっと負担が大きいですね。WEB関係の仕事で、何個もウェブサイトを持つ予定の方にはいいですが、フリーランスとして自分のサイトやブログを開設したい方なら、500円のサーバーで十分です。

中には長期契約(2〜3年)を条件に金額が安くなるところもあるので、契約前にチェックしておきましょう。

【2】使いやすくて評判も良い!おすすめサーバー2つ

それでは、ここからはワードプレスと相性がいい(ワードプレス自動インストール機能あり)おすすめのサーバーの代表2つをご紹介します。

おすすめ1:エックスサーバー
3年契約で月額最安値900円。
1,000円前後のレンタルサーバーの中でも、非常に安定感のある有名どころです。
評価
おすすめプラン X10(スタンダード)プラン
月額最安値 900円+税 ※36ヶ月(3年)契約時
初期費用 3,000円
 無料お試し期間 10日間
容量 200GB
独自SSL(https://化) 無料
MySQL(ワードプレスサイト数) 50個

かれこれ『エックスサーバー』歴2年半以上、6個のサイトを同時運営していますが、何も問題なく快適に利用できています。

フリーランス(個人)用から会社用まで、どの規模のサイトにも必要な機能やサポートが備わっていて、大手ならではのメールや電話によるサポートがしっかりしている点も安心です。

ワードプレスの自動インストールも簡単にでき、サイトのセキュリティを強化する独自SSL(https://化)も無料です。

容量も一番安いプラン(X10)でも200GBとたっぷり過ぎるほど。これなら画像や動画がたくさん入っているサイトでも大丈夫。

ワードプレスサイトを最高で50個作ることができるので、ビジネス用のサイト以外にも趣味のブログサイトなど複数のサイトを持ちたい時、友達と一緒に作ったサイト用にサーバーを共有したい時などに便利です。

難点としては初期費用が3,000円と高いことですが、時期によっては初期費用半額キャンペーンも行っているので、チェックしてみましょう。

▶︎エックスサーバーの公式サイトはこちら!



おすすめ2:ロリポップサーバー
費用を抑えて、月額500円で利用できる良コスパのレンタルサーバー。初めてのワードプレス作成でも使いやすくておすすめです。
評価
おすすめプラン スタンダードプラン
月額最安値 500円+税 ※6ヶ月以上契約時
初期費用 1,500円
 無料お試し期間 10日間
容量 120GB
独自SSL(https://化) 無料
MySQL(ワードプレスサイト数) 30個

『エックスサーバー』の半額、月額500円で利用できるレンタルサーバー『ロリポップ』。

価格をなるべく安く抑えたいけど、ただ単に安いサーバーは怖い、という方におすすめできます。

『エックスサーバー』と並行して利用、2つのサイトを『ロリポップサーバー』で同時に運用していますが、こちらも何もトラブルなく、申し分ありません。

こちらもワードプレスの自動インストールがとても簡単。管理画面もシンプルで使いやすいので、初心者の方にぴったりですね。

この価格で独自SSLも無料、120GBも容量があれば申し分ないどころか十分過ぎるほど。コスパは非常に良いでしょう。

『エックスサーバー』と比べた上での難点は、表示速度が若干遅いこと。大きな差はないものの、高速&安定を求めるなら『エックスサーバー』が安心かもしれません。

▶︎ロリポップの公式サイトはこちら!



スポンサードリンク

【3】レンタルサーバーを選ぶ際の5つのチェックポイント

続いて、ワードプレス個人/ビジネスサイトを作るために利用するレンタルサーバーを選ぶ際のポイントです。

私が個人的にここだけは絶対にハズせない、とチェックしているポイントは5つ。

①ワードプレスの自動インストール機能

ワードプレスのサイトを作るのだからこれは必須です。しかも格安サーバーの場合、ワードプレスに対応していないものもあるので要注意。

少なくとも今回紹介した『エックスサーバー』と『ロリポップサーバー』は、本当にシンプルな手順で簡単にワードプレスがインストールできます。

②月額500円以上2,000円未満

相場の部分でも説明しましたが、安すぎず高すぎず。機能的には、最低でも月額500円以上のものが安心です。

③独自SSL(https://化)が無料

セキュリティの強化として、最近では独自SSL(https://化)設定は必要不可欠となっています。格安のサーバーはこの独自SSLが有料となり、結局トータルが割高になる可能性も。

[https://]でワードプレスサイトを作成しよう!サーバーのセキュリティ【SSL/TLS】の設定手順SSLやTLSという言葉は耳慣れないという方も多いかもしれませんが、ネット上で個人情報などを奪う犯罪などはニュースなどでも聞いたことがあ...

④容量は50GB以上はほしい

サーバーの容量は、サイト1つだけなら5GBもあれば十分とされています。よほどのサイト数や画像・動画をアップしない限り、200GBなんて滅多に使うことはありません。

しかし、月額が許容範囲内であれば容量が多くて損はないんです。少なくて損はありますが。

なので、基準として個人的には50GB以上かどうかチェックしています。将来的に複数のサイトを運営する可能性もあるので。100GB以上あればさらに安泰です。

⑤ワードプレスサイトが10個以上作れる

1つのレンタルサーバー契約でワードプレスサイトをいくつ作れるかというのは、レンタルサーバーの機能の中の「MySQL」という項目で確認できます。

今は自分用に1個しか作る予定がない方も、できれば10個くらい作れる余裕のあるサーバーがおすすめです。(サイトが複数になる可能性もあるし)

MySQLが10個以上なら容量もそれなりに大きいハズなので、これで500〜1,500円のコスパなら申し分ないでしょう。

【4】レンタルサーバー会社はたくさん!7社を比較してみました

最後に、今回は個人的に使いやすいと感じた『エックスサーバー』と『ロリポップサーバー』の2社を中心に紹介しましたが、レンタルサーバー会社は他にもたくさんあります。

有名どころの7社を料金や機能で比較してみたので、これからレンタルを考えている方は参考にどうぞ!

◆最安値の比較

  月額最安値 最安値の条件
エックスサーバー 900円 36ヶ月契約
ロリポップ 500円 6ヶ月以上契約
お名前.com 900円 36ヶ月契約
さくら 429円 12ヶ月契約
wpX 1,000円 12ヶ月契約
wpXクラウド 500円 期間不問
ヘテムル 800円 36ヶ月契約

月額の最安値を見ると、ロリポップサーバー、さくらサーバー、wpXクラウドが圧倒的にコスパがいいですね。

他のサーバーは、月額1,000円以内でおさめるためには36ヶ月以上(3年以上)の契約が必要となります。

とりあえず3年も使うかわからない、とりあえず練習として使ってみたい、という方はロリポップやさくら、wpXクラウドがお手軽でいいでしょう。

◆1年契約時の年額と月額

  初期費用 月額 年額
エックスサーバー 3,000円 1,000円 15,000円
ロリポップ 1,500円 500円 7,500円
お名前.com 無料 980円 10,780円
さくら 1,029円 515円 6,171円
wpX 5,000円 900円 12,800円
wpXクラウド 無料 500円 6,000円
ヘテムル 2,000円 900円 12,800円

初月は初期費用がかかってしまうので、1年契約時の料金は10,000円を超えるところがおおいですが、やはりここでもロリポップとさくら、wpXクラウドが圧倒的に安いですね。

ただ、独自ドメインも一緒に取得したい方は、ロリポップの方が安くてオトク。ロリポップとヘテムルは、提携のムームードメインとの同時申込みで初期費用が無料になるなどのキャンペーン実施中です。

さらに、さくらのドメインはムームードメインより割高なので、ドメインとサーバーを合わせて考えると結果ロリポップの方がコスパが良いです。

お名前.comも、初期費用が無料なのは嬉しいポイントです。

◆ワードプレスサイト設置数の比較

  容量 サイト設置数
エックスサーバー 200GB 50個
ロリポップ 120GB 30個
お名前.com 200GB 50個
さくら 100GB 20個
wpX 30GB 10個(ワードプレスのみ)
wpXクラウド 10GB 1個(ワードプレスのみ)
ヘテムル 200GB 70個

最後に、価格面だけでなく容量とワードプレスサイト設置数で比べてみましょう。

やはり機能と価格は比例するので、価格が安いサーバーはどうしても機能が劣ります。

特にエックスサーバー、ヘテムルは共に機能も使いやすく好評で、これからサイトを長くたくさん運営していく可能性のある方におすすめです。

反対に、wpXクラウドはサイトを1つしか持つことができないのが難点。固定費を抑えながら1つのワードプレスサイトを長く運用したい人向けです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、今回は自分がワードプレスサイト用に使ってみておすすめできるレンタルサーバーを2つご紹介しました。

おすすめ2大サーバー
  • バツグンの安定感!エックスサーバー
  • コスパで選ぶなら!ロリポップサーバー
サーバー選びの5つのポイント
  1. ワードプレスの自動インストール機能
  2. 月額500円以上2,000円未満
  3. 独自SSL(https://化)が無料
  4. 容量は50GB以上はほしい
  5. ワードプレスサイトが10個以上作れる

初めてのレンタルサーバーで何を選んだらいいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください♪

ホームページ作成サポート

ホームページを作って、サービスの宣伝・集客をしたいけど・・・

「ウェブがとにかく苦手」
「一人でできる気がしない」

「大人数の講座でついていけない」
「業者に頼むほど予算に余裕がない」

こんな悩みを抱えていませんか?

ララクリップが提供するウェブコースは
初心者のペースで、とにかくわかりやすく
をモットーにしたサービスです。

フリーランス限定
3万〜15万円で選べる3つのサポートプランを提供

\他社に負けない5つの魅力/

マンツーマン or 少人数制
1〜3ヶ月のしっかりサポート
個人経営ならではの低価格
SEO対策の基礎講座
複数人でおトクな割引

詳しくはコチラ