フリーランスのホームページ

Googleサーチコンソールの使い方|初心者がチェックすべき5つのポイント

ウェブサイト(ホームページ)を作成したら、忘れずに登録しておきたいのがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)と呼ばれる無料サービスです。

サーチコンソールってどうやって使うの?

登録してみたはいいけど、ホームページ管理の初心者にとっては、使い方がイマイチ理解できていなかったりしますよね。

今回はGoogle Search Consoleの使い方を解説します。初心者向けの5つのチェックポイントを見ていきましょう。

Search Consoleって何?
【初心者向け】サーチコンソールとは?Google検索と上手く付き合う大事な役割ウェブサイト(ホームページ)を作成したら、忘れずに登録しておきたいのがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソー...
Search Consoleの登録方法はコチラ!
アナリティクスと連動で簡単!サーチコンソールの登録手順まとめ【図解付き】無料でホームページへのアクセス解析ができる「Googleアナリティクス」とともに、おすすめなのが「Search Console(サーチコ...
スポンサードリンク

【1】検索アナリティクス

チェック方法
  • サイドバー【検索トラフィック】→【検索アナリティクス】
  • 検索アナリティクスのページ上部にある、□クリック数 □表示回数 □CTR □掲載順位 4つすべてにチェックを入れる
  • 【クエリ】を選択
わかること
  • ユーザーが検索しているキーワードがわかる
  • Google検索結果の掲載順位がわかる
  • 検索サイトでどれくらいクリックされたかわかる
クエリ 検索エンジンで検索されるキーワードのこと
クリック数 Googleの検索結果に表示された自分のサイトが実際にクリックされた回数
表示回数 自分のサイトがGoogleの検索結果に表示された回数
CTR Click Through Rateの略でクリック率のこと。クリック数 ÷ 表示回数で計算
掲載順位 Googleのキーワド検索結果で自分のサイト(ページ)が表示されている順位

検索アナリティクスでは、ユーザーがどんなキーワードで検索した時に自分のサイトが検索結果に表示されるのか、検索結果の順位などがわかります。

例えば、上位に「沖縄 フリーランス」というキーワードが表示されていたら、ユーザーは「沖縄 フリーランス」で検索して、自分のサイトを見つけて訪問していることがわかります。

クエリ(ユーザーが検索に使ったキーワード) を記事の文章の中に上手く増やしてみたり、キーワードに合う内容に記事を改善させていくと、検索結果の掲載順位を上げるチャンスになります。

【2】サイトへのリンク

チェック方法

サイドバー【検索トラフィック】→【サイトへのリンク】

わかること

自分のサイトやページにリンクを貼って紹介してくれているサイトがわかる

リンクとはあるウェブページ/ウェブサイトから、別のページ/サイトに移動できるようにつなげること。

関連のあるページやサイトを紹介したり参照したいときに、リンクを貼ることで一瞬にして紹介ページや参考ページに移動することができます。

【サイトへのリンク】のページでは、自分のサイトにリンクを飛ばしてくれているサイトやページを確認することができます。

良い紹介の仕方をしてくれているリンクが増えれば、非常にありがたいことですが、サイトの評判に影響する不自然なリンクが貼られていないかも同時にチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

【3】インデックスステータス

チェック方法

サイドバー【Googleインデックス】→【インデックスデータ】

わかること

自分のサイトにある各ページがすべてGoogleに認識されているかわかる

インデックスとは、Googleがウェブサイトの各ページのデータを認識し、データベースに格納されること。

【インデックスステータス】を見ることで、Google検索エンジンが持つ巨大な情報の引き出しの中にちゃんと自分のサイトのページたちを保存してくれているかをチェックすることができます。

データは折れ線グラフで表示されており、サイトのページが増えたらその分グラフのページ数も伸びていれば問題ありません

グラフが正常に伸びていない場合は、Googleがページを正しく認識していない場合があります。

インデックスステータスのグラフに問題があるときは、次で紹介するクロールエラーを確認しましょう。

【4】クロールエラー

チェック方法

サイドバー【クロール】→【クロールエラー】

わかること

自分のサイトにどんなエラーが発生しているかがわかる

クロールとは、Googleのロボット(クローラーと呼ぶ)がインターネット上のウェブページやウェブサイトの情報を集めるために自分のサイトに来ることです。

以下、代表的なクロールエラー4つの意味と対処法を見てみましょう。

サーバーエラー サーバー側のエラー
→サーバーのサポートに問い合わせ
見つかりませんでした 404エラー
→サイト内のリンク切れやリンクのスペルミスなどをチェック
アクセスが拒否されました 何かしらの原因でサイトにアクセスできない
→robots.txtを使って修正
ソフト404 ページが存在しない
→サーバー側で設定が必要。わからなければ問い合わせ

2番目の「見つかりませんでした」のエラーが出ることが比較的多いです。

例えば一度アップしたブログ記事や写真を削除したときなど、Googleがあると認識していたページや画像がなくなってしまったと思いエラーが出る可能性があります。

エラー項目をチェックして、削除済み・修正済みで問題なかったら、各項目にチェックを入れて【修正済みとする】というボタンをクリックすればOKです。

スポンサードリンク

【5】Fetch as Google

操作方法
  • サイドバー【クロール】→【Fetch as Google】
  • トップページなら空欄は空白のまま 
  • PC/モバイルどちらかを選択
  • 【取得】ボタンを押す
  • 【インデックス登録をリクエスト】ボタンを押す
  • 送信方法の確認画面
    「ロボットではありません」にチェック
  • 「このURLのみをクロールする」を選択
  • 送信ボタンを押す

トップページ以外のページを入力することも可能。その場合は、/以下のURLを入力します。

できること

Googleに自分のサイト/ページの存在を認識してもらうこと

Fetch as Googleを使うと、Googleに自分のウェブサイトのインデックス(認識してデータベースに保存してもらうこと)を依頼することができます。

一般的に新しく作ったサイトやページはクロール→インデックスに時間がかかりますが、Fetch as Googleを取得しておくことで、Googleさんに「おーい、このサイト(ページ)のインデックスよろしく!」と声をかけておくことができます。

まとめ

以上、今回は初心者向けの「Google Search Console(サーチコンソール)」の使い方をご紹介しました。

Google検索と仲良く付き合うために、サーチコンソールを上手く活用しましょう。

Search Consoleって何?
【初心者向け】サーチコンソールとは?Google検索と上手く付き合う大事な役割ウェブサイト(ホームページ)を作成したら、忘れずに登録しておきたいのがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソー...
Search Consoleの登録方法はコチラ!
アナリティクスと連動で簡単!サーチコンソールの登録手順まとめ【図解付き】無料でホームページへのアクセス解析ができる「Googleアナリティクス」とともに、おすすめなのが「Search Console(サーチコ...

ちなみに「ララクリップ」のホームページ制作サポートでは、初心者にもわかりやすくマンツーマンでサーチコンソールの使い方を教えます!

ホームページ作成サポート

ホームページを作って、サービスの宣伝・集客をしたいけど・・・

「ウェブがとにかく苦手」
「一人でできる気がしない」

「大人数の講座でついていけない」
「業者に頼むほど予算に余裕がない」

こんな悩みを抱えていませんか?

ララクリップが提供するウェブコースは
初心者のペースで、とにかくわかりやすく
をモットーにしたサービスです。

フリーランス限定
3万〜15万円で選べる3つのサポートプランを提供

\他社に負けない5つの魅力/

マンツーマン or 少人数制
1〜3ヶ月のしっかりサポート
個人経営ならではの低価格
SEO対策の基礎講座
複数人でおトクな割引

詳しくはコチラ