フリーランスのブログ集客

集客ブログに欠かせない「CTA」とは|書いて終わりになっていませんか?

ブログをがんばっているフリーランスのあなたへ。そのブログでちゃんと集客できていますか?書いて満足して終わり、になってしまっていませんか?

集客ブログは「書いて終わり」では意味がありません。読んでくれた方を行動に促せるかどうかが大切。

今回の記事では、集客ブログに欠かせない「CTA」についてご紹介します。ブログで本気で集客を頑張りたいフリーランスの方の参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

ブログ集客の基本:CTAとは?

CTA(シーティーエー)とは Call to Action(コールトゥーアクション)の略で、日本語では「行動喚起」を意味します。

ブログにおけるCTA(行動喚起)とは、ブログを読んだ人に理想の行動を起こしてもらうための仕組みのことで、ブログの最下部に設置する文章・ボタン・画像のことをさします。

ブログ記事を最後まで読んだユーザーに、どんな行動をとってもらいたいのか、考えてCTAを決めていきましょう。

理想の行動とCTAの例

理想の行動とCTAの例
理想の行動 CTAに設置するもの
SNSでフォロワーやいいねを増やしたい SNSへの誘導ボタンを設置
LINE@の友だちを増やしたい LINE@の友だち登録のボタンを設置
メルマガの会員を増やしたい メルマガ登録のリンクを貼る
メルマガ登録に誘導するページに誘導する
講座や説明会に申し込んでほしい 講座・説明会の詳細や申し込み方法がわかるページに誘導する
問い合わせ・資料請求をしてほしい お問い合わせページ・資料請求の申し込みページに誘導する
商品やサービスを購入してほしい 商品やサービスの詳細が書かれたページ、購入ができるページに誘導する
店舗やサロンに来店してほしい アクセス情報ページや申し込みページに誘導する

↑表の下にいけばいくほど行動の難易度が上がっていきます。

フリーランスの集客ブログにおすすめのCTA

フリーランスが集客ブログに取り入れるのにおすすめのCTAは以下です。

LINE@ / メルマガ

LINE@やメルマガは登録してくれた方へ、ピンポイントに情報を発信できるツールです。大衆向けに発信するSNSよりも、密なコミュニケーションや発信ができるのがポイント。

マーケティングにおける「リスト取り」ができるのもLINE@やメルマガの強み。お客様と連絡を取り合う情報(LINEアカウントやメールアドレス)はたくさんあるに越したことはありません。

説明会 / 講座 / 勉強会

説明会や講座の申し込みに誘導するCTAもおすすめです。無料勉強会や無料説明会・個別相談など、まずは無料で、お客様と直接話す機会を作って信頼関係構築に繋げましょう。

ブログにCTAを設置する際の4つの基本ポイント

続いてブログにCTAを設置する際に忘れずに覚えておきたい4つのポイントをご紹介します。

読者にとって気軽に取れる行動の方が良い

上の表を見てもわかる通り、CTAには様々な内容を設置することができますが、多くの人に行動をしてほしいのなら、読者側の立場で気軽にできるCTAが良いでしょう。

商品を必要としているかわからない人を、いきなり商品紹介のページに誘導しても、それは押し売りになってしまいます。まずはLINE@登録など、短い時間で負担なく、簡単に無料でできるアクションがおすすめです。

ブログ記事の内容に合わせてCTAも変える

ブログ記事の内容によってCTAを変えてみるのも効果的です。

例えば「ワードプレスを使ったブログの作り方」という記事のCTAには「初心者でも簡単♪ワードプレス講座やってます→詳しくはこちら」のように講座に促すCTAだと自然な流れで集客できるでしょう。

一方で「おすすめの無料ブログサービス」を紹介する記事に「初心者でも簡単♪ワードプレス講座やってます→詳しくはこちら」のCTAを設置しても、読者のニーズとは合っていないですよね。

この場合は「ワードプレス講座」のCTAは設置せずに、LINE@やメルマガなどに誘導した方がアクションを起こしてもらいやすいでしょう。

文章だけでなくボタンや画像を活用する

CTAには文章だけではなく、ボタンや画像にリンクを貼って設置するとより効果的です。

行動を起こしたくなるような文言を入れる

ただ「登録してください」「詳細をご覧ください」だけではなかなかアクションを起こしてもらえない可能性があります。

「登録すると嬉しい特典があるよ」とか「ブログからの申し込みで講座の割引があるよ」など読者の意欲も高まるでしょう。

スポンサードリンク

ブログにCTAを設置する際の2つのNG事項

最後に、ブログ記事にCTAを設置する際にやってはいけない2つのNG事項を見ていきましょう。

ブログ記事の内容と的外れなCTAではダメ

ブログ記事の内容と全く関係のないCTAを設置しても、読者からしたら「?」でしかありません。

ブログ記事を読み終わった読者の目線で、どんなことだったらしてくれるか、を考えてCTAを決めましょう。

いきなり難易度の高い行動喚起ではダメ

上の表に書いたように、CTAの内容も難易度が高いものは読者にとって負担になってしまいます。

いきなり商品を売ろうとしたり、申し込みをさせようとすれば、無視されるどころかマイナスのイメージを持たれてしまう危険性も。

商品購入やサービスへの申し込み、店舗へのアクセス情報などは、ブログを通さなくても読者の意志で見つけてくれるものです。ブログ記事から誘導する行動はできる限り読者からの負担が少ないものにしましょう。

まとめ

以上、今回は集客ブログに欠かせない「CTA」についてご紹介しました。

  • ブログ集客の基本:CTAとは?
  • ブログにCTAを設置する際の4つの基本ポイント
  • ブログにCTAを設置する際の2つのNG事項

ブログを有効活用させて集客・宣伝に役立てたいフリーランス・個人起業家さんの参考になれば嬉しいです。

この記事を読んで、もっと集客ブログの知識をつけたいと思ったあなたへ

『集客ブログの考え方や書き方の基礎がわかる講座』やってます♪

フリーランス・個人起業家としてブログでの集客・発信をがんばりたい方対象

ミオ
ミオ
SEOやマーケティングの知識も散りばめた、かなり内容の濃い講座となっております。
個人事業として経営・マーケティングに真剣に向き合いたい方ほど、身になる講座だと思います^^
本気でブログ集客に取り組みたい、という方はぜひ受講してみてください✨

講座の詳細・
申込みはコチラ