ワードプレスのプラグイン

ワードプレスとStripeオンライン決済を連携できる無料プラグイン3選

オンラインで行う講座・セミナー・コンサルなどを有料で提供する上で、欠かせないのがオンライン決済。

その中でもワードプレス(WordPress)サイトを持っている方、これから作る予定の方におすすめなのが「Stripe」という決済サービスです。

今回の記事では、「Stripe」とワードプレスを使ってオンラインで決済が完了する仕組みを作ることができる無料のプラグインを3つご紹介します。

【1】Stripe Payments (シンプルな決済への導線)

もっともシンプルで簡単に導入できるプラグインです。

プラグインの設定画面でStripeのAPIキーを連携させれば、あとはワードプレスの管理画面の中で購入ボタンを作成して、金額も自由に設定することができます。

One-time payment(1回きりの支払い)用に便利です。(継続課金タイプのボタンは作成できません)作成した商品のショートコードをコピーして貼り付けると、商品内容とボタンが挿入されます。もしくはオリジナルのボタンを作って商品リンクURLを貼り付けることも可能です。

挿入したボタンリンクをクリックすると以下の画像のような決済フォームのポップアップが表示されます。情報を入力して支払いボタンをクリックすればOK!

設定画面で支払い後の自動返信メールの作成や、支払い後に移動するサンクスページの設定などを行うことができます。

【2】Simple Membership (会員登録制サイト作成)

ワードプレスの中で会員登録制のサイトを構築して、会員登録と決済をまとめて行えるような仕組みを構築したいなら Simple Membershipのプラグインがおすすめです。

会員登録フォーム・ログインフォーム・Stripeとの連携設定・お客様情報の管理・ページ閲覧の権限設定など、このプラグイン一つでできることがたくさんあります。

継続課金型で会員だけが見られるページを含んだワードプレスサイトを構築したい方におすすめです。

まずはStripe側で継続課金型の商品作成して、Stripeの商品とプラグインで作成した支払いボタンを連携させることで、決済ボタンをクリック後に以下のようなStripeの決済ページに移動させることができます。

【3】WooCommerce (オンラインショップ作成)

最後はオンラインショップ(ECサイト)を立ち上げたい方向けのWooCommerceというプラグイン。無料で使えるワードプレス用のカートシステム。複数の商品をお持ちの方や、オリジナル商品を作って販売したい方におすすめです。

WooCommerceのプラグインを使ったワードプレスサイトの構築に関しては【WP Shop Lab.】さんのサイトの「WooCommerceについて学ぶ」ページで非常にわかりやすく情報がまとめられているので、興味がある方はこちらを参考にしてみてください。

まとめ

以上、今回はワードプレスサイトの中にStripeと連携させたオンライン決済システムを導入するために便利な無料プラグインを3つご紹介しました。

  • シンプルな1回払い決済ボタンの作成なら Stripe Payments
  • 会員登録制サイトと継続課金決済の組み合わせなら Simple Membership
  • 本格的なオンラインショップの構築なら WooCommerce

ぜひ参考にしてみてください!

インターネット集客を本気でがんばりたいフリーランスのあなたに動画教材プレゼント

SNS・ブログ・ホームページ・LINE・メルマガ…インターネット上で使えるツールはたくさんあるけど、商品が売れるまでの全体像はちゃんとつかめていますか?

インターネット集客・発信をがんばりたい個人経営フリーランスのあなたのために、インターネット上での発信から集客・顧客化までの導線をまとめて無料のスライド動画教材を作りました!

***

スポンサーリンク