フリーランスLife

フリーランスのための確定申告!【やよいの青色申告】初心者用の手順まとめ

個人事業主として開業しているフリーランスの方々!毎年、2 月 16 日 ~ 3 月 15 日 といえば何を思い浮かべるでしょうか?

そう、確定申告です。めんどくさい経理上の節目がやってきますね。

今回は、新米フリーランスの私が手探りでなんとかこなしている確定申告の手順をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

 

【1】やよい青色申告オンラインに入力する

オンライン会計ソフトはいくつかありますが、私は『やよいの青色申告オンライン』を使用しています。

初年度は1年間無料でお試しができ、次の年からも年間8,640円で使用できます。

この『やよいの青色申告オンライン』にログインをして、月々の収入・出費を入力しておきましょう。

確定申告の時期になってからまとめてやると、大量のレシートにまみれて、本当にしんどいことになります。

1ヶ月毎に収入・出費を入力して、レシート・領収書類も全て保存しておきましょう。

『やよいの青色申告オンライン』の入力方法を知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ!

あわせて読みたい
フリーランスのための経理!【やよいの青色申告】初心者用の入力方法まとめ個人事業主として開業しているフリーランスの方々! 毎月・毎年の経理事務どうしてますか?経費や売上をちゃんと入力・管理できてますか?...

【2】レシートをまとめて帳簿にしておく

こちらも1ヶ月毎にやっておけば、確定申告の時期に困ることは一切ありません。

レシート・領収書類をまとめておきます。100均で買えるようなファイルとリングノートに領収書を貼り付けるだけで大丈夫です。

貼り付けたときに、日付と内容を簡単にメモしておくとさらに◎。面倒ではありますが、何の領収書か一発で見てわかると安心です。

【3】確定申告に必要な書類を用意する

確定申告時期に準備しておく書類は以下。個人によって用意するものは多少変わってきます

確定申告時期になると、税務署から下のようなたくさんの書類が入った封筒がくるはずなので、まずは中身を確認しましょう。

青色申告用提出書類
所得税青色申告決算書(一般用)
  • 郵送で書類が届く
  • 会計ソフトから印刷
確定申告書B
添付書類台紙 郵送で書類が届く
添付書類台紙に貼るもの 源泉徴収票 取引先の企業からもらう
マイナンバー入りの住民票 市役所で発行
身分証 運転免許証のコピーを用意
国民健康保険 納付証明書 市役所で発行
国民年金保険 納付証明書 年金事務所から郵送
小規模企業共済 掛金領収書 共済掛け金支払時に取得

私が用意した書類は以上ですが、他にも生命保険の掛け金や、ふるさと納税などが控除の対象になるので、必要書類を準備しておきましょう。

市役所に取りに行かなくてはならないものもあるので、平日の役所が空いている時間をつくっておきます。

確定申告は3月半ばが期限ですが、この書類を集める作業を見越して、3月頭には用意しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

【4】会計ソフトで確定申告用の書類を作る

『やよいの青色申告オンライン』を使って確定申告用の書類を作成します。

手順に沿って入力していけば大体理解できますが、詳しい入力方法は別記事で書こうと思います。

STEP:1 減価償却費の計算

「減価償却」とは高額で長期にわたって使用できるものを数年間もしくは数十年間かけて経費に計上するという仕組みです。

例えば、15万円の事務所用エアコン、20万円の事業用パソコン、50万円の社用車など。

基本的に10万円を越えるものや法定耐用年数1年以上(ネットで調べられます)のものは「減価償却資産」とされ、複数年にわたって経費計上するのです。

ただ、青色申告申請者の場合、30万円未満であれば一括で計上できるという特徴があります。(私は30万を越える買い物は今のところしたことがないので、全て一括で計上しています。)

この確定申告の【STEP:1 減価償却費】の計算で、償却方法を「即時償却」にすれば完了です。

STEP:2 青色申告決算書の作成

この書類を会計ソフト上で全て作成します。

郵送で上記のような書類が届きますが、ここに直接記入する必要はありませんし、郵送できた書類を提出する必要はありません。

会計ソフト上で入力すれば全てこの書類のフォーマットに反映されるので、あとはパソコンからカラーコピーで印刷すればOKです。

青色申告の65万円控除を受けたい方は、裏面にある「賃借対照表」を正しく記載しておく必要があります。

これは、事業用の銀行口座の入金額、支出額、残額を細かく記載するもので、正しく記載されていない場合は△マーク(マイナスの意味)が出てしまったりします。

ここの部分が青色申告のもっとも難しい部分です。ここの部分がおかしくなってしまった、でも今さら全部見直すこともできない、という方は「賃借対照表」無しで提出することもできます。

その場合は、65万円ではなく10万円に控除額が減ってしまいます。

STEP:3 確定申告書の作成

最後に「確定申告B」の書類を作成します。こちらも「青色申告決算書」と同じく、郵送できた書類に直接書き込む必要はなく、全て会計ソフトで作って、パソコンからカラー印刷すればOKです。

こちらは、国民年金や健康保険、共済に支払ったお金など控除にできるものを入力して、最終的に自分が払わなければならない所得税はいくらなのか、払い足りないのか、払いすぎなのかを計算します。

【5】税務署に提出する

書類が全てそろったら、印刷したもの、準備した書類をすべてまとめて税務署に持っていきます。

カウンター越しに足りない書類がないかを税務署の職員がチェックして、何も問題がなければ5~10分以内に受け付け終了。

この際、所得税の支払が必要な方は、3月15日までに所得税を支払う必要があります。確定申告の期限と同じ場合は、若干所得税の支払期限が先送りになります。

所得税の支払がない方、還付金(払いすぎた税金が戻ってくる)がある場合は、1~1ヶ月半後に指定の口座にお金が振り込まれます。

■全体の流れとしてはこんな感じ

提出が全て終わったら、1年分の領収書や書類はしっかりまとめて保管しておきましょう。

私は↓↓こんな感じで、クリアファイルに1年分をまとめてから、ダンボールに入れて保管してますよ

まとめ:一人で抱え込まないで!国や市のヘルプを活用

以上が確定申告の手順です。正直、【1】の入力作業と【2】の領収書の帳簿作りさえしっかりできていれば、あとはそんなに大変な作業ではありません。

市役所に書類を取りに行くことと、税務署に提出する手間くらいです。

ただし、青色申告の65万円控除を申請している場合、青色申告10万円控除や白色申告よりも、帳簿の付け方が難しいです。ちょっとした入力ミスですべての計算がおかしくなる悲劇も。(実体験済み)

ということで、確定申告時期は一人でため込まずに、国や市の機関を上手く活用しましょう。

 

私は1年目はすべて自分で書類作成から税務署提出まで行いました。

しかし、2年目からは市や町の商工会に頼んで必要書類のチェックから提出までお願いしています

これ、かなりありがたいです。どこかおかしい部分があれば教えてくれます。私も1年目からお願いすべきだったと後悔しています。

ちなみに『ララクリップ』のオフィスがある北谷町の商工会の年会費は5,000円。月々500円以下で、事業に関するアドバイスをもらえたり、無料で講座を受けたりすることができます。

確定申告の代理提出もプラス5,000円でできるので、沖縄税務署まで自分で持っていく手間や、税理士さんへの依頼料と比べたら、十分安いものです。

一人でがんばるフリーランスにとって、事業をしながら経理も完璧にこなすのはとても難しいです。

一人で抱え込まずに、積極的に商工会などに助けてもらうといいですよ^^

ぜひ、参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク