動画の作成・編集・販売

Teachable(ティーチャブル)3つの料金プラン|価格や特徴を比較しよう

Teachable(ティーチャブル)を使ってみたい!動画販売をするにはどのプランを使えばいいの?

動画をアップロードして会員登録制の動画コース販売サイトを作成できる海外サービス『Teachable』。日本での知名度も上がってきて、利用者が増えている中、よく聞かれるのが「各種プラン」の違い・比較についてです。

この記事では、Teachableで利用できる3つの料金プランについてご紹介します。初回登録後は14日間の無料お試し期間がありますが、トライアル期間後には有料プランにアップグレードする必要があります。

Teachable(ティーチャブル)とは|会員登録制の動画教材サイトを作ろう! オンラインで自分のオリジナル動画教材を販売したい! 動画メインのオンラインスクールを作って月額課金(サブスク)システムを作...
Teachable(ティーチャブル)に無料プランはある?無料トライアル期間について 動画をアップロードして会員登録制の動画コース販売サイトを作成できる海外サービス『Teachable』。日本での知名度も上がってき...

Teachable3つの料金プラン・価格の比較

ベーシック プロフェッショナル ビジネス
月額(年払い時) $29
$348の年払い
$99
$1188の年払い
$249
$2988の年払い
月額(月払い時) $39 $119 $299

Teachableの料金プランは3種類で、1年契約で年払いをする場合と、毎月ごとの支払いにする場合で価格が異なるので注意が必要です。

つまり、年契約の場合は、契約時に1年間分のお支払いが必要になります。(ベーシックプランの場合は$348-約35,000円を決済)

まだ1年間利用するかどうか決められない方や、一度に大きな出費を控えたい方は、多少割高になったとしても月ごとの決済にして、合わなかった場合は途中で辞められるような状態にしておくと安心です。

Teachable各種料金プラン・手数料の比較

ベーシック プロフェッショナル ビジネス
取引手数料 5% 0% 0%
国際カード手数料 3.9%+30¢〜
  • 取引手数料とは:有料コースを販売する際に、Teachableに支払う手数料のこと
  • 国際カード手数料とは:アメリカ以外の国で支払いを行った場合のカード利用手数料

Teachableでは、月額固定費以外に、プランによって商品購入ごとに発生する取引手数料が変わります。

ベーシックプランの場合は、販売する商品の価格に対して5%の手数料が発生します。

プロフェッショナルプランとビジネスプランは取引手数料が無料なので、商品の販売価格がある程度高額な場合は、プロフェッショナルプラン以上がおすすめです。

また、取引手数料以外に、国際カード手数料としてアメリカ国外で支払いを行った場合は販売価格に対して3.9%+30¢の手数料が引かれます。

1,000円の商品を販売した場合
  1. 1,000円がその日のレートで米ドル換算される
  2. 5%の取引手数料が引かれる
    (1,000円の5%で約50円)
  3. 3.9%+30¢の国際カード手数料が引かれる
    (1,000円の3.9%+30¢の約39円+約30円=約69円)
  4. 1,000円ー50円ー69円=881円(すべて米ドルでの計算)
  5. PayPalに入金の際に日本円に換算される

Teachable各種料金プラン・特徴の比較

続いて、各種プランの特徴を比較してみましょう。さらに詳しい比較表についてはTeachable公式サイトを参考にしてみて下さい。

ベーシック プロフェッショナル ビジネス
動画・コース・生徒の登録 無制限 無制限 無制限
Teachableからのサポート メールのみ メールとライブチャット メールとライブチャット
登録できる管理者数 2 5 20
入金サイクル 月1回 月1 or 週1
入金方法 PayPal PayPal または Stripe
コース修了証の発行 ×
生徒の進捗レポート ×
アフィリエイトプログラムの活用 ×
アップセルの提案 ×
Zapierとの連携 ×

基本的に個人経営や規模の小さいビジネスであれば、ベーシックかプロフェッショナルで選んでいただくのが一般的かと思います。ビジネスプランは、会社などで10名以上の管理者が必要な場合に使われます。

ベーシックからプロフェッショナルプランにアップグレードすることで、売上の受け取り方法が、PayPalだけでなく、Stripeでも可能になります。

また、売上を分配するアフィリエイト機能や、コース修了証の発行、登録した生徒の細かな動画閲覧の進捗状況などを把握できるのがプロフェッショナルプランの大きな強み。

より自動化・仕組み化を強化していきたい方は、売上が増えてきた時点でプロフェッショナルプランへのアップグレードを検討してみましょう。

ベーシックプランはこんな方におすすめ!

ベーシックプランは以下のような方々の利用がおすすめです。

月々の固定費をなるべくおさえたい方

個人経営や小規模事業で、なるべく月の固定費をおさえたい方はベーシックプランを活用しましょう。

1年契約なら、一括$249(日本円で約25,000円)1ヶ月あたり約3,000円で利用することができるので、運営・管理費としては比較的リーズナブルにおさえることができるでしょう。

無料または価格帯の安い動画教材を販売している方

ベーシックプランは、Teachableへの月額固定費以外に、商品を販売した時に、販売価格の5%が決済手数料として差し引かれるかたちになります。

固定費が安い分、決済手数料がかかるので、無料もしくは1,000円〜1万円いかないくらいの低価格帯の動画教材であれば負担が少なくなるかと思います。

顧客リストGET&販売の自動化を導入したい方

いきなり動画の販売をするのではなく、まずは無料動画教材を作ってみて、見込顧客のメールアドレスリストを収集したい方や、販売の自動化の第一歩を踏み出したい方は、まずはベーシックから始めてみましょう!

プロフェッショナルプランはこんな方におすすめ!

プロフェッショナルプランは以下のような方々の利用がおすすめです。

すでに固定客がいて月額以上の売上が見込める方

すでに既存顧客を抱えている方、集客の導線ができている方、顧客リストがある方で、プロフェッショナルプランの月額(約1万円)以上の売上が確実に見込める方は、最初からプロフェッショナルプランでのご契約がおすすめです。

様々な価格帯の動画コースを販売したい方

プロフェッショナルプランは決済手数料が掛からないので、10,000円以上の価格帯の動画コースをメインで販売したい方にもおすすめです。

Stripe決済システムを利用したい方

ベーシックプランでは入金方法がPayPalしか選べないので、Stripeからの入金を希望する場合はプロフェッショナルプランを選びましょう。Stripe決済では、入金サイクルを自分で決めることができ、毎週ごとの入金サイクルを選ぶこともできます。

複数人のチームでスクールを運営したい方

複数人の動画作成者や管理者でチーム運営をしたい方や、教材を販売してもらう代わりに紹介料(アフィリエイト報酬)を支払いたい方は、プロフェッショナルプランを選びましょう。Teachable側が自動で計算をしてくれて、利益を分配してくれるので、チーム運営がスムーズに進みます。

管理者が多い企業やチームでの運営にはビジネスプラン

ビジネスプランは、スタッフを多く抱え、Teachableのシステム管理者が10名以上必要な企業向けのプランです。個人経営や小規模企業は、ベーシックかプロフェッショナルプランで申し分ないでしょう。

まとめ:まずはベーシックプランから始めてプロフェッショナルを目指そう!

以上、今回はTeachableで利用できる3つの料金プランについてご紹介しました。

個人的には、まずは固定費の安いベーシックプランで運用を始め、売上が出てきたり、使い勝手がわかってきたらプロフェッショナルプランにアップグレードをおすすめします。

会員登録機能から動画再生・販売・決済・顧客管理まで、必要な流れがそろっているので、この機会にぜひTeachableの構築に挑戦してみましょう!

この記事を読んで動画教材販売をがんばりたいと思ったあなたへ

動画を使ったオンラインスクール・月額制会員サイトの運営や、動画教材の販売ができるツール「Teachable」の登録から設定・使い方までを動画コースにまとめました。

英語がわからなくても大丈夫!動画コースを作って販売できるようになるまでのステップを細かくレクチャーしているので、Teachableを使ってみたい方、初めて使う方はぜひ参考にしてみてください♪

***

スポンサーリンク