フリーランスのホームページ

個人経営カフェのHPにおすすめ!【ワードプレス】有料テーマランキングTOP3

ワードプレスを使ってホームページを作る上で、もっとも重要なステップとも言えるのがテーマ(デザインテンプレート)の設定。

どのテーマを使うかによって、ホームページの雰囲気は大きく変わります。

今回は個人経営のカフェオーナーさんにおすすめのワードプレスの有料テーマをランキングTOP3ご紹介します。ホームページ作成の参考になれば幸いです。

\ワードプレステーマ・有料と無料の違いは?/

ワードプレスのテーマは無料と有料で何が違う?どっちがおすすめ?ワードプレスでホームページを作ろうとしている方が、一度は壁にぶち当たるのが「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレートの選択です。 無...
スポンサードリンク

【1位】Avalon (by TCD)

ファーストビューのスクロールコンテンツがユニークでオシャレな「Avalon」。バーやレストラン、カフェなど飲食店向けのテーマです。

画像とキャッチフレーズ+文章が上手くマッチするデザイン

カフェの場合は、香り立つコーヒー豆の画像と、自家焙煎するこだわりのエピソードを伝えることで読み手を惹きつけます。

トップページの上部にニュースステッカーを表示することができ、最新情報や営業情報をリアルタイムでお知らせすることができます。

 

公式ページ
価格:11,980円

【2位】VOGUE (by TCD)

企業のコーポレートサイト向けのテーマ「VOGUE」。

PC・タブレット・スマホ版ともに、トップ画像が画面いっぱいに広がるデザインとなっているので、写真のインパクトで勝負したいカフェオーナーさんにおすすめです。

ちなみにトップ画は静止画だけでなく動画にも対応しています。

お値段が高めですが、SEO対策や集客対策もしっかり考えて作られていておすすめです。

公式ページ
価格:19,800円

スポンサードリンク

【3位】Switch (by TCD)

最先端のビジュアルが搭載されている「Swicth」。動画+アニメーションの文字で、誰が見てもかっこよくてスタイリッシュなホームページが出来上がります。

ブックカフェやコワーキングスペースといったユニークなコンセプトのあるカフェのホームページにぴったりです。

難点はお値段が24,800円と相場と比べて高めです。クオリティーは申し分ないのですが、予算によっては手が出しにくいかも。

公式ページ
価格:24,800円

簡単3ステップ|外部サイトからテーマをアップロードする方法

最後に、外部のサイトで購入&ダウンロードしたテーマをワードプレスにアップロードする方法です。

ダウンロードしたテーマは下手に開いたりせず、ZIP形式のまま保存しておきます

①サイドメニューの「外観」→「テーマ」を選択し、ページの上の方にある「新規追加」ボタンをクリック

②上の方にある「テーマのアップロード」ボタンをクリック

③ZIP形式のファイルを選択して「今すぐインストール」ボタンをクリック

インストールが完了し「有効化」のボタンを押せばテーマが反映されます。

ホームページ作成サポート

ホームページを作って、サービスの宣伝・集客をしたいけど・・・

「ウェブがとにかく苦手」
「一人でできる気がしない」

「大人数の講座でついていけない」
「業者に頼むほど予算に余裕がない」

こんな悩みを抱えていませんか?

ララクリップのサービスは
フリーランスに特化したホームページ制作

会社のように、ホームページ制作費や、広告・宣伝費に数十万円も数百万円もかけられない・・・。そんなフリーランスの方にターゲットを絞ってサービスを展開しています。

\他社に負けない5つの魅力/

ワードプレス講座付き
3ヶ月間で制作&カスタマイズレクチャー
作成後の運営アドバイスあり
個人経営ならではの低価格
嬉しい16もの特典付き

\今だけモニター価格/
3ヶ月パックで15万円