フリーランスWeb基礎

ノマドワーカー必見!Wi-FiのSSIDの「a」と「g」って何が違うの?

家やカフェ、コワーキングスペースなどにあるWi-FiのSSID。

SSIDとは「Aterm…」「Buffalo…」などから始まる文字列で、パソコンやスマホをWi-Fiに接続するときに選択するものです。

Macのパソコンではこんな感じでSSIDを探すことができます。

このSSIDですが、途中まで全く同じ文字列で、最後だけ「a」と「g」で違うものを見たことはありませんか?

この「a」と「g」何が違うの?という素朴な疑問について調べてみました。

スポンサードリンク

「a」と「g」の回線の違いは周波数

aの回線の周波数帯は5GHz、gの回線は2.4GHzです。

ちなみに、「a」と「g」以外にも「2G」と「5G」が末尾のSSIDもよく見かけるのではないでしょうか。

これらはいずれも周波数帯を示しており、以下のように考えるとわかりやすいかと思います。

  • 「a」と「5G」が同じ周波数帯
  • 「g」と「2G」が同じ周波数帯

では、一体周波数帯が違うことがどのような影響を及ぼすのか、どのように使い分ければいいのか、詳しく見ていきましょう。

末尾が「a」または「5G」

「a」「5G」の回線は 5GHz(ギガヘルツ)の周波数帯で、速度が速く安定した通信ができるのが特徴です。

しかし、距離と障害物に弱いのが難点で、ルーターのある部屋から遠くなったり、壁を隔ててしまうと、繋がりにくくなります。

Wi-Fiルーターから近い場合は「a」「5G」の方が高速&安定で快適ですが、Wi-Fiルーターがリビングにあって、壁を隔てたベッドルームでWi-Fiを使うときには繋がりにくくなるでしょう。

末尾が「aw」の回線は?

ちなみに、末尾が「aw」の回線もありますが、こちらは古い規格だそうで、周波数帯は5Gですが、最高速度は「a」の10分の1となります。「a」があるなら、わざわざこちらを使う必要はないでしょう。

スポンサードリンク

末尾が「g」または「2G」

「a」「5G」が高速・安定だけど、距離や障害物に弱い一方で、「g」「2G」は速度は少し劣るけど、壁などの障害物に強い回線です。

ルーターから離れていたり、ルーターのある部屋以外でWi-Fiを使っていて、「a」「5G」の回線で繋がりが悪い場合に「g」「2G」を活用しましょう。

難点としては、他の電子機器との電波干渉で接続が乱れることがあります。特に電子レンジとの相性が悪く、レンジを使用中は接続が途切れることがあるかもしれません。

また、利用者が多い状態・時間帯は混雑して接続が不安定になることもあります。

末尾が「gw」の回線は?

「aw」同様、末尾が「gw」の回線もありますが、こちらも古い規格。「g」があるなら、わざわざこちらを使う必要はないでしょう。

まとめ:「a」と「g」を使い分けてみよう

以上、今回はWi-FiのSSID「a」「g」「2G」「5G」は何が違うの?というノマドフリーランスの素朴な疑問を調べてみました。

a / 5G g / 2GB
高速で安定 障害物や距離に強い
障害物と距離に弱い 利用者が多い時は不安定・電子干渉に注意
ルーターの近くでサクサク作業する時におすすめ! ルーターから離れたところでネットを使う時におすすめ!

ノマドフリーランサーさんの快適なパソコン作業&豆知識としてお役に立てば嬉しいです。

この記事を読んで、ウェブでの発信をもっとがんばりたいと思ったあなたへ

フリーランスのためのSNS・ブログ・ホームページ・ランディングページの役割や使い分けがわかる無料の勉強会やってます♪

フリーランス・個人起業家としてウェブ集客・発信をがんばりたい方対象

■SNS・ブログ・HP・LP・メルマガなど
それぞれのツールの概要・特徴がわかる
■各種ウェブ発信ツールの使い分けや
活用法がわかる

無料勉強会の
詳細はコチラ