フリーランス×WEB

ブロガーに必須のワードプレスおすすめプラグイン『TinyMCE Advanced』の使い方まとめ

ワードプレスの大きな特徴といえば、プラグインの存在。

プラグインとは基本的なワードプレスのシステムをより使いやすくするための拡張機能で、スマホの便利アプリみたいなものです。

ワードプレスのプラグインは星の数ほどありますが、その中でも個人的にウェブサイト(ホームページ)を作る時に便利な無料プラグインをご紹介したいと思います。

今回紹介するプラグインは『TinyMCE Advanced』です。特徴と使い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

TinyMCE Advancedとは

TinyMCE Advancedは、ブログ記事を書く時に使うツールバーの拡張機能です。

【投稿】から記事を執筆する時に、このようなツールバーが表示されますよね。

これは文字に色をつけたり、太字に装飾したり、真ん中揃え、右寄せなどの位置調整、リンクの貼り付けができるツールです。

ブログを書く上で必要不可欠なツールですね。

しかし、このツールバー、ワードプレスをインストールした初期のままだと文字装飾のオプションが少なくてなんともショボいのです。

この初期のツールバーにTinyMCE Advancedというプラグインを追加することで、ブログ記事をさらに書きやすく、文字装飾もバツグンにしやすくなります。

TinyMCE Advancedを入れるとこうなる


↓↓↓

この通り、記事を書く時に使える機能を増やすことができます。便利ですね。

以下、初期のデフォルトでは入っていないけど、TinyMCE Advancedで追加できるボタンを見てみましょう。

TinyMCE Advancedを入れることで、文字サイズを変更したり、文字色だけでなく文字の背景色まで変更できたりと装飾の幅が広がります。

スポンサーリンク

TinyMCE Advancedのインストール方法

ワードプレスのダッシュボードメニューのプラグイン→【新規追加】を選びます。

右上の検索窓に「TinyMCE Advanced」と入力すると、1番左上に出てきます。

【今すぐインストール】をクリックして、インストールが終わったら有効化をクリックして完了です。

TinyMCE Advancedの設定方法

インストール済みプラグインのページから、TinyMCE Advancedを探し、【設定項目】をクリックします。

もしくは、サイドバーの【設定】の中にTinyMCE Advancedの項目が入っているので、ここをクリックしてもOKです。

設定画面

【使用しないボタン】の中から、必要なものをドラッグ(クリックしたまま移動)して、ツールバーの中にセットします。

逆に不要なボタンは、同じくドロップして【使用しないボタン】の中に入れておきましょう。

最後に【変更を保存】で完了です。すぐに投稿画面で反映されるようになります。

まとめ

以上、今回はワードプレスで記事を書く時に便利なプラグイン「TinyMCE Advanced」についてご紹介しました。

ワードプレスでブログサイトを作るブロガー・ライターには今や必須のプラグイン

ワードプレスを使い始めてすぐインストールするべきプラグインの1つです。ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク