フリーランスのワードプレス

初心者でも使いやすい!おすすめのワードプレス無料テーマ12選【2018年版】

ワードプレス(WordPress)で自社サイトを作る時、なんのテーマを使っていますか?

ワードプレスの公式サイトからインストールできるものだけでも、無料テーマはなんと5,000種類以上!

外部サイトからダウンロードできるテーマも合わせたら、1万点近いデザインを無料で使うことができます。

今や世界シェアNo.1のワードプレス。世界でも4人に1人が利用しているソフトウェアなので、今後もどんどんおしゃれで機能的なテーマが増えていくことでしょう。

ただ一方で、5,000種類以上の中からテーマを選ぶのが一苦労、という声も。確かに、選択肢がありすぎるのも逆に大変ですよね。

ということで、今回はワードプレス初心者のフリーランスでも使いやすい、初回としてもおすすめの無料ワードプレステーマを10個ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】Lightning

スマホ表示
テーマ名 Lightning(ライトニング)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • WordPress公式登録テーマ
  • シンプルな構成でカスタマイズしやすい
  • コーポレートサイトやお店のホームページを簡単作成

厳しいチェックを通過してWordPress公式ディレクトリにも登録されている日本製のテーマ『Lightning』。

ベースがシンプルなので、挿入する写真や色合い、ロゴによってオリジナリティを出せるのが魅力的です。

無料のテーマでここまでプロフェッショナルで機能的なサイトが作れるのはすごい!シンプルだけど、ちゃんとかしこまった企業サイトを作りたい方におすすめ!

デモを見る公式ページ

【2】Emanon Free

スマホ表示

テーマ名 Emanon Free(エマノンフリー)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • コンテンツの読みやすさにこだわったテーマ
  • 豊富な配色・レイアウトデザイン
  • 選べる3つのヘッダーレイアウト

シンプルでコンテンツ(文章・記事)の見やすさ、読みやすさにこだわって作られた『Emanon』。

有料版の『Emanon Pro』(9,800円)の機能を制限したものが無料版の『Emanon Free』です。

シンプルかつ読みやすいブログ用サイトにぴったりで、どんな内容のブログにもフィット。

まずは無料版を使ってみて、気に入ったら集客機能やデザインパターンがさらにパワーアップした有料版にアップグレードしてみては?

デモを見る公式ページ

スポンサードリンク

【3】Xeory Extension

スマホ表示

テーマ名 Xeory Extention(セオリーエクステンション)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • SEO最適化構造
  • 5種類のカラーバリエーション
  • 左サイドカラム・右サイドカラム・ワンカラムの3パターン

シンプルで見やすいデザインが人気の『Xeory Extention』。多くのユーザー・ファンを持つとても有名なテーマです。

ブログ型テーマの『Xeory Base』と異なり、『Xeory Extention』は企業サイトに使いやすいデザイン。サービス内容をわかりやすくアピールできるつくりになっています。

PCからスマホまで見やすいレスポンシブ対応。カラムデザインやカラーバリエーションもサイトの雰囲気に合わせて選ぶことができます。

デモを見る公式ページ

【4】Godios.

スマホ表示

テーマ名 Godios.(ゴディオス)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • SEO最適化構造
  • ページの表示速度が早い(ほぼ0秒)
  • アニメーション機能ありのセミフラットデザイン

ページ・サイトの表示速度にこだわった無料テーマです。

表示されるまでの時間が長いと、見るのを諦めてしまったりしますよね。「Godios.」は独自の手法で通信量を大幅に削減し、体感ページ遷移速度ほぼ0秒を実現可能にしています。

ベースはシンプルながらも、適度なアニメーションや、内部SEO最適化、容易なSNSシェアなど、無料とは思えないほど機能も充実しています。

デモを見る公式ページ

スポンサードリンク

【5】BizVektor

スマホ表示

テーマ名 BizVektor(ビズベクトル)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • 初心者に優しい設計
  • ビジネス用途のホームページに必要な要素・仕様・構成に徹底的に最適化
  • サンプルデータをインポートすれば15分で企業サイトが完成!

機能的でビジネス用途にバッチリ使いこなせるのに、初心者向けでカスタマイズしやすいのが魅力の『BizVektor』。

テーマ内で、 「Rebuild」「Default」「Calmly」「プレーン」という4種類のデザインパターンから選択することができ、色や写真を変えればあっという間にオリジナルのサイトができあがります。

また、急いでサイトを完成させたい方のために、公式サイト内で最速の作成手順を公開。中小企業・個人事業主のウェブ担当の強い味方です。

デモを見る公式ページ

【6】LION BLOG

スマホ表示

テーマ名 LION BLOG(ライオンブログ)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • SEO対策済みテーマ
  • ページの高速表示を意識したテーマ設計
  • ボタンひとつで初心者でも簡単カスタマイズ

無料とは思えないほどデザイン・レイアウトも機能も優れている『LION BLOG』。LION系テーマは総ダウンロード数20,000を突破する大人気のテーマです。

基本的にはブログサイト用におすすめのつくりですが、ヘッダー部分にお知らせ欄やメニューがわかりやすく配置してあるので、企業サイト兼ブログとしても大活躍。

同じくLIONシリーズの無料テーマ『LION MEDIA』も、同じく高機能で、個人ブログを越えた専門コンテンツ記事を発信するメディアサイト用に最適です。

デモを見る公式ページ

スポンサードリンク

【7】Giraffe

スマホ表示

テーマ名 Giraffe(ジラフ)
日本製/海外製 日本製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 外部サイト
  • スマホでバッチリ見やすいデザイン
  • フルワイドでインパクト大なヘッダー画像
  • 3カラムにできるフッターが機能的でオシャレ

ブログマーケッターとして有名なJUNICHI(ジュンイチ)さんが作ったテーマ『Giraffe』。

機能性・デザイン性ともにこだわってはいるものの、あまり複雑な機能やカスタマイズは不要なので、初めてワードプレスを使う方にも安心です。

基本的にはブログ向けのテーマですが、フルワイドなヘッダー画像を変えることで、お店やサロンのホームページ兼ブログとしても活用できそうですね。

デモを見る公式ページ

【8】Sydney

スマホ表示

テーマ名 Sydney(シドニー)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 海外製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • スライダー式ヘッダー画像がオシャレ
  • 企業や個人事業主向けのパワフルなビジネステーマ
  • カスタマイズの仕方がわかりやすい

ワードプレスの公式テーマの1つであり、国内海外問わず大人気の『Sydney』。

スライド式のヘッダー画像を上手く活用することで、企業や個人事業主がサービスの特徴やイメージをおしゃれかつ効果的にアピールすることができます。

海外のテーマですが、カスタマイズ画面は日本語で表示されるので、初心者でも英語がわからなくても大丈夫!ストレスなく操作ができるのでおすすめです。

デモを見る公式ページ

【9】Avant

スマホ表示

テーマ名 Avant(アヴァント)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 海外製
カスタマイズ言語 英語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • シンプルなベースでカスタマイズがしやすい
  • ヘッダー、ブログレイアウト、フッターなどデザインが選べる
  • ブログ用にも企業サイト用にも活用できる

シンプルでカスタマイズの幅が広い、公式ワードプレステーマ『Avant』。

こちらも海外テーマで『Sydney』と違ってカスタマイズ画面が英語になるので、慣れるまでは難しく感じるかもしれません。

好きな色のテーマカラーを自由に選ぶことができたり、タイトルのフォントやヘッダーメニューのレイアウトなどを細かく設定することができるのが魅力です。

デモを見る公式ページ

【10】CORPBIZ

スマホ表示

テーマ名 CORPBIZ(コープビズ)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 海外製
カスタマイズ言語 英語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • トップ画像が印象的な海外テーマ
  • トップページがカスタマイズしやすい
  • 画像と文章で伝えるデザイン

トップ画像が印象的な海外製のテーマです。画像だけでなく、キャッチフレーズや文章と組み合わせることで、レッスンの内容や強みを伝えることができます。

パソコンではフルスクリーン(全画面)でトップ画像が表示され、スマホ版では画像+伝えたい内容を文章で一発で伝えられるデザインとなっています。

カスタマイズ画面は全て英語になるので、慣れるまでは少し大変かもしれません。

デモを見る公式ページ

【11】Bard

スマホ表示

テーマ名 Bard(バード)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 海外製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • カスタマイズが日本語でわかりやすい
  • シンプルで内容も見やすい・カスタマイズしやすい
  • ヘッダー画像でインパクトを与えやすい

シンプルかつトップの画像で世界観をあらわしやすい無料テーマです。

ヘッダー画像は、全てのページで表示されるので、ブランドやサービスを象徴する画像を選ぶと良いでしょう。

日本製ではありませんが、カスタマイズの説明は全て日本語なので、初心者でもいじりやすいのが特徴です。

デモを見る公式ページ

【12】Fukasawa

スマホ表示

テーマ名 Fukasawa(フカサワ)
WordPress公式テーマ
日本製/海外製 海外製
カスタマイズ言語 日本語
ダウンロード方法 WordPress公式サイト
  • 画像がメインのシンプルデザイン
  • PC版はサイドバーにメニュー
  • スマホでもスッキリ見やすい

各記事のキャプチャ画像の組み合わせで美しいトップページが仕上がる『Fukasawa』。

パソコンで見ると、左のサイドバーにメニューが固定されるタイプのデザインで、ポートフォリオサイト用に最適です。

自分のサービスや作品を画像で表現したい方におすすめです。

デモを見る公式ページ

外部サイトからテーマをアップロードする方法

最後に、外部のサイトで購入&ダウンロードしたテーマをワードプレスにアップロードする方法です。

ダウンロードしたテーマは下手に開いたりせず、ZIP形式のまま保存しておきます

①サイドメニューの「外観」→「テーマ」を選択し、ページの上の方にある「新規追加」ボタンをクリック

②上の方にある「テーマのアップロード」ボタンをクリック

③ZIP形式のファイルを選択して「今すぐインストール」ボタンをクリック

インストールが完了し「有効化」のボタンを押せばテーマが反映されます。

まとめ:カスタマイズしやすい無料テーマが◎

以上、今回は10,000種類以上あるワードプレスの無料テーマの中でも、多くの人が使っている人気のテーマで、カスタマイズすることでオリジナリティーも出しやすいものを12個まとめてご紹介しました。

海外製のものはやはりデザイン性に優れていて、オシャレですが、最近では日本製のテーマもデザイン性は負けていません。

また、集客・SEO・読みやすさなどの機能性は日本製が非常に優秀。特に初めての方はまずは日本製のものから使ってみるのがおすすめです。

無料テーマで使い方に慣れてきたら、さらにデザイン・機能性がパワーアップした有料テーマもぜひ使ってみて下さい!

オシャレで機能的!日本語対応でおすすめのワードプレス有料テーマ10選【2019年版】ワードプレスで自社サイトを作る時、皆さんは有料のテーマを使っていますか?それともまだ無料のテーマでお試し中ですか? ある程度、ワー...
ララクリップについて

このブログを書いているのは私です!

タイラミオ

関東から海外を経て2016年に沖縄に移住した30歳。脳内は♂寄りの♀。
会社に所属して3年以上働けない社会不適合者のひとり。
自分の経験やスキルをいかしてお金を生み出すフリーランスとして奮闘中!
沖縄でがんばっているフリーランス女性を応援しています*

プロフィール

お問い合わせはLINEが簡単&便利♪

サービスへのお問い合わせやご相談はLINE@でも受付中!

無料個別相談♪

ブログ&ホームページを作りたい、でもサービスを利用する前にわからないこと・疑問点を解消したい方に、まずはオンライン or オフライン(沖縄本島)で気軽に個別相談(無料)してください。

無料オンライン勉強会♪

フリーランス・個人起業家の方を対象に、育てて一生使える集客のためのホームページの仕組みを無料のオンライン勉強会でお伝えします。